4月8日が命日…岡田有希子さんの墓前には今も大勢のファンが

4月8日が命日…岡田有希子さんの墓前には今も大勢のファンが

岡田有希子さん(左)の墓前には多くの花が(C)共同通信社

1986年4月8日、当時人気アイドルだった岡田有希子さん(享年18)が投身自殺を図り、帰らぬ人になった。

 あれから、もう33年。それでも命日の4月8日は、ファンにとって大切な日であり、今も亡くなった午後12時15分には、愛知県にある彼女の墓前で黙とうが行われる。今年は平日にもかかわらず、50人以上のファンが集まっていた。

「山本」と名乗る50代の男性は、「彼女が亡くなった時は心の整理がつかなくて、一度彼女のことを封印しました。亡くなって15年くらい経ってから、ようやくお墓に足を運びました。それからずっとお墓には来ていますけど、亡くなってから長い月日が経って、今では悲しむ時期も終わり、こうやってファンのみんなが元気で顔合わせができることがいいですよね」と明かす。

 別の会社経営者(45)はこう話す。

「亡くなった時は、もちろん寂しい気持ちになりましたが、その後はあまりユッコちゃんのことを考えないようにしていました。ある時ネットで動画を見ていたら、また気持ちが込み上げてきて、お墓参りに行こうと決意しました。行くまではドキドキしましたけど、行ったら本当に落ち着く場所だったので、今では命日だけでなく月に1回はここに来ています」

 中には、岡田さんが亡くなってから生まれた若いファンの姿も。

「私が生まれるずっと前のアイドルですけど、ネットで何となく見ていたら、本当に可愛いと思いました。もう本人は亡くなっていますけど、とにかくお墓に行こうという気持ちになりました。初めて来ましたけど、たくさんのファンの方が来ていて圧倒されました」(大学院生・22歳)

 プロアイドルヲタクのブレーメン大島氏も毎年命日に墓前を訪れる1人だ。

「デビューからずっとユッコを見ていて、亡くなった時も現場に行って、一晩中泣いていました。亡くなってからは、命日にユッコの当時の所属事務所に黙とうをしに行っていましたが、10年ぐらい前に大好きなユッコの眠っているお墓に行こうと決心しました。それから毎年行くようになって、今ではユッコに現在の自分を報告するようになりました」

 18歳でこの世を去り、30年以上の月日が経っても愛され続ける岡田さんの魅力とは何なのか。

「当時は、可愛らしさを前面に押し出したキャピキャピしたアイドルが多かったんです。しかし、ユッコは美人で歌がうまくて、頭もいいし、真面目でした。若くして芸能界を引退した山口百恵さんのように、ファンには才色兼備のユッコの良いイメージが、今も脳裏に残っているのだと思います」(ブレーメン大島氏)

 ファンにとっては、いつまでもかけがえのない、愛すべき存在なのだろう。

関連記事(外部サイト)