地上波から消えた元SMAP…TV局のジャニーズへの忖度なのか

地上波から消えた元SMAP…TV局のジャニーズへの忖度なのか

(左から)草g剛、稲垣吾郎、香取慎吾(C)日刊ゲンダイ

■爆笑太田は「いずれ笑い話にできる日がくる」
 
 毒舌の太田光(53)が「凄く活躍してるよね」と称えた。元SMAPの稲垣吾郎(45)、草g剛(44)、香取慎吾(42)とインターネットのアベマTV「7・2 新しい別の窓」でこのほど共演した際のこと。太田は爆笑問題の田中裕二(54)ともども、この3人のTV出演について、「(民放が)変な忖度しすぎ」と言いつつ、「地上波は全滅だけど、いずれ笑い話にできる日がくるよ。時が解決するよ」などと持論を語った。

 実際のところ、昨年公開の映画「クソ野郎と美しき世界」のほか、今年も稲垣主演作「半世界」が阪本順治監督で公開された。番組では「ビッグニュースがあります」とし、3人でプロデューサーを務めるスマホ用ゲーム「星のドラゴンクエスト(星ドラ)」の応援ソングの制作をスタートさせたことを発表。来年の東京五輪へ向け、同時開催のパラリンピックのスペシャルサポーターも務めているし、CM出演もあり、ファンミーティングも開いたりと、なるほど以前と変わらず活躍しているように見える。

 SMAPが2016年で解散した当初、ジャニーズを退所し元チーフマネジャーの飯島三智氏と独立した3人のテレビ番組は次々と打ち切られていった。では、今も地上波、民放キー局への出演が「全滅」なのは、ジャニーズ事務所への忖度で民放がオファーを出さないからなのだろうか。そしてそれは、太田の予言通り「笑い話」になる日は来るのだろうか。ジャニーズ担当のベテラン芸能記者はこう言う。

「まず、凄く活躍しているように見えるのは、彼らが出演中のCMが地上波などで流れている影響だと思います。それは活躍といえば活躍ですけど、解散後の3人の人気が上がっているとか、何か明るい展開があったということではない。CMについては、SMAP時代、木村拓哉の1本推定9000万円を筆頭に、中居正広の6000万円、草gと香取も3000万〜4000万円、稲垣も2000万円はしたことがありました。現在、3人そろっていくらでCM契約しているのか分かりませんけど、かつてと比べるとお値打ちになっているのは間違いない。広告業界からは結構シビアに見られていると思いますよ」

■「数字が取れない」

 では民放の番組への復活出演はどうか。実はいま、こんな話がテレビ関係者の間で流れている。

「元SMAPの3人を民放各局が全然起用しないので、ジャニーズ事務所側から何らかの“圧力”がかかっているのではないかと公正取引委員会が注視しているという情報がある。実際、公取から事情を聴かれた編成関係者もいるとか」(事情通)

 そんな不当圧力があるとしたら大問題だが、ある民放関係者に聞くと、こう言った。

「各局さんがどう判断しているか分かりませんが、忖度などしていません。オファーしないのは、単純に数字(視聴率)が見込めないから。解散後、3人の番組が打ち切りとなったのは数字が取れていなかったから。ジャニーズ所属だから続いていただけとも言え、それがなければ、もっと早く打ち切りという展開もあった。今の出演料だってそう安くないだろうし、こちらから頭を下げてオファーを出すところまではいっていません」

 ジャニーズの看板があろうとなかろうと、つまるところ人気と実力がすべて――。元SMAPといえども、例外ではないようだ。

関連記事(外部サイト)