「平成日本のよふけ」で実感“突き抜けたモノ探し”の重要さ

「平成日本のよふけ」で実感“突き抜けたモノ探し”の重要さ

元伊藤忠商事会長の瀬島龍三氏(故人)/(C)共同通信社

【チコちゃん生んだ メガヒットの法則】

 法則8=激レアを探す

 ◇  ◇  ◇

 多くの人気番組を制作し、バラエティー界を牽引してきた小松純也(52)。フジテレビで放映されていた「平成日本のよふけ」(1999〜2008年)も、小松が手がけた番組だ。

 毎回、政財界の大物や元ヤクザなど、ひと癖もふた癖もある“傑物”をゲストとして招き、自分の体験を語ってもらう人気番組だった。小松は「日本のよふけ」について、「人生の修行みたいな番組だった」と振り返る。影響を受けたゲストのひとりが、瀬島龍三(写真=元伊藤忠商事会長)だという。

 瀬島は日米開戦当時、30歳の若さで陸軍参謀本部に所属していた。

「番組を立ち上げる時、瀬島さんが出てくれたら最後でいいやって話をしていました。僕の親戚が大本営にいたことをお話ししたら、覚えていらっしゃって、ちょっと涙なさりました。難しいかと思ったのですが、出ていただけたんですよね。40分くらいお話しいただいたらもう十分ですって言ったんですけど、3時間ぐらいお話ししていただきました。瀬島さんは、戦争に負けるとも、何百万人が死ぬとも思っていたけれど、命令を受け、開戦のスイッチとなる『ヒノデハヤマガタ』という暗号文が入った電報を電信係に渡した、という話をされた。渡した時『手が震えたよ』とおっしゃっていました。日本の命運が若者の指先に託されるという歴史の凝縮のされ方が印象的でしたね。瀬島さんは番組の最後に若者に向けたメッセージとして、『世の中というのはすべて変わります。ただ一つ変わらないことがあります。それは、物事が変化するということです』とおっしゃった。いまでも、まさにそうだなと思いますね。とくにテレビとか、ネットとか、世界が急激に変化していく中で、どういうふうに世の中を見ていけばいいのかという時にその言葉が浮かびます」

 特別な体験をしている突き抜けた人をゲストに招いて話を聞くのは、ヒット番組を作る時のセオリーのひとつなのだという。テレビ朝日系列で放送されている「激レアさんを連れてきた。」も、人気番組となっている。

「例えば『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会』という番組があります。一般の方の失敗談を聞く番組ですから、どんな方でも番組に参加する資格がある。ハンディキャップを抱えた方やLGBTの方など、いろんな方が出られています。みんな同じ土俵の上で、フラットに自分の笑っちゃう失敗談を披露して、みんなで笑おうよという企画です」

 この時代、ありふれた商品は、なかなか手に取ってもらえない。簡単ではないが、突き抜けたモノを探しつづける。消費者を引きつける商品をつくるには、それしかないのだろう。 =あすにつづく

(構成=高月太樹/日刊ゲンダイ)

▽小松純也 1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

関連記事(外部サイト)