「バイキング」坂上忍に噛み付く"松居一代劇場"真の狙いは

「バイキング」坂上忍に噛み付く"松居一代劇場"真の狙いは

どこでもパワフル(C)日刊ゲンダイ

元夫・船越英一郎(58)との離婚騒動が沈静化して以来、鳴りを潜めていた"松居一代劇場"が、ここにきてまた活気づいている。

 今度の「お相手」は坂上忍(51)だ。主人公であられる松居一代(61)は9日にブログを更新し、坂上が司会を務める平日昼の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で虚偽の報道があったと主張。合わせて、YouTubeにも動画をアップし、名誉毀損を訴えている。

 コトの発端は、昨年11月12日放送の同番組だった。なんでも松居が仮想通貨MINDOL(ミンドル)から4億円分のミンドルを"宣伝費"として受け取っていたというもので、松居は番組の取材に対し真実ではないと説明したにも関わらず、おもしろおかしく生放送されてしまった、と主張している。

 それにしても、件の動画のまぁ凄まじいこと。黒地に極太の赤字で〈松居一代 真実を語る〉という物々しいタイトルバックが流れると、満面の笑みの松居が登場。丁寧に挨拶を済ませるもすぐさま語気を荒げていき、わざわざ「あえてワタクシは"様"は付けませんが」と前置きした上で「バイキング」と呼び捨て。今度同じことをやろうものなら名誉毀損で訴えると激昂し、カメラを指差して「司会の坂上忍! あなたのことも即刻、名誉毀損で訴えます!」と"アクセル全開"なのである。

■動画告知のためにツイッターも再開

 しかし、だ。そもそもなぜ、昨秋の話をいまさら蒸し返しているのだろうか。当時も番組終了直後に自身のブログを更新し、「私の認識とはまったく違います」と即反論していたが、その際はお得意の動画配信はしなかった。

 松居は今年3月上旬、NYに高級レジデンスを購入し、東京と行き来する生活を始めると宣言。それに合わせて、昨年6月以来となるYouTubeチャンネルを更新した。ブログは頻繁に投稿していたものの、世間を騒がせたツイッターに至っては1年9カ月近くも放置状態していたが、動画の告知を投稿するためにわざわざ再開させた。

 ベテランの芸能記者が言う。

「松居さんは昨年の一件があるにも関わらず、先月末に『バイキング』側からニューヨークライフの映像の貸し出し許可を求めてきたと怒りをあらわにしていますが、それはあくまで表向きの話でしょう。むしろ、発信力とインパクトのあるYouTubeチャンネルの再開させたばかりのタイミングだけに、これ幸いとバイキングと坂上さんの名前を取り上げ、再生回数を稼ぐ材料として利用した可能性は十二分に考えられる。あの離婚騒動以来、社会常識の通用しないトリッキーなイメージが定着してしまいましたが、そればかりではない。旧知や懇意にしているテレビマンや記者を食事に招いたり、自分の携帯番号を教えたり、友好的なセルフプロデュースのできる一面も持ち合わせています」

 実際、今回の動画は公開2日程度で再生数7万4000回超(11日夕現在)。むろん、広告もしっかりとついている。かくして、"松居劇場"の次の餌食、もとい、演目は果たして――。

関連記事(外部サイト)