「ポツンと一軒家」快進撃もレギュラー化でロケに苦労…ネタ切れの心配は

「ポツンと一軒家」快進撃もロケに苦労 『ナニコレ珍百景』のようにネタ切れに懸念

記事まとめ

  • テレビ朝日系「ポツンと一軒家」の7日放送回は平均視聴率17・6%と、快進撃が続く
  • これまで日曜の夜は日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』の1強状態だった
  • ネタ探しに苦労しているようで、『ナニコレ珍百景』もネタ探しに奔走していたという

「ポツンと一軒家」快進撃もレギュラー化でロケに苦労…ネタ切れの心配は

「ポツンと一軒家」快進撃もレギュラー化でロケに苦労…ネタ切れの心配は

(朝日放送テレビ「ポツンと一軒家」の番組公式サイト)

「現場から上層部まで、局内は高視聴率に沸いていますが、とにかくロケが大変みたい。いつまでネタが続くのか、心配になりますね」(テレビ誌ライター)

 4月7日放送回は平均視聴率17・6%と、快進撃が止まらないテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜夜7時58分)のことだ。

 グーグルアースの衛星写真だけを頼りに、人里離れた一軒家を訪ね、住人の暮らしぶりを紹介する。もともと不定期特番だったが、昨年10月からレギュラー化された。

「日曜の夜は日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』の1強状態でしたが、2月24日に初めて『ポツンと』が視聴率で上回り、3月10、24日も単独首位に。スタッフも増員され、30チームほどがリサーチのために全国各地を飛び回っていると聞いています。ところが、いざ一軒家を見つけても、10軒に9軒はほったらかしの空き家らしい。無人では番組にならない。快進撃を続けているのに、肝心のネタ探しに相当苦労しているようです」(前出のテレビ誌ライター)

 そりゃ、ポツンと一軒家だって数に限りがある。すぐにネタが尽きないか、心配というわけで、過去にも似たような番組はあった。在京キー局関係者が言う。

■朝日放送に見通しを聞いた

「『ナニコレ珍百景』(テレ朝系)を思い出しますね。08年に放送を開始し、視聴率は好調でしたが、16年でいったん打ち切りに。理由はネタ切れです。一般の人を対象にしたロケ番組は、とにかくリサーチが大変。ネタ探しに奔走し、ロケに出るのも、経費削減でディレクター1人だったりする。ネタ切れに加えて、スタッフもヘトヘトに。人気があっても店仕舞いするしかなくなるんです。『ナニコレ』は不定期の特番で間をつなぎ、昨年10月から再びレギュラーに復活。視聴率2ケタを取っていますが、『ポツンと』も、いずれそうなるかもしれません」

 先行きが気になって、「見通しはどうですか?」と制作の朝日放送テレビに問い合わせたところ、「確かにロケは大変のようですが、今のところ打ち切りなんて話は聞いていません。今後もレギュラー放送を続けていきます」(宣伝担当者)と淡々と答えてくれた。

 まだ余裕があるようで、ホッとひと安心。続くかどうかはスタッフの頑張りにかかっている。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

関連記事(外部サイト)