専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

亀梨和也「ストロベリーナイト・サーガ」と山下智久「インハンド」が春ドラマ対決に

記事まとめ

  • 二階堂ふみと亀梨和也のW主演「ストロベリーナイト・サーガ」が2時間SPでスタート
  • 山下智久主演の「インハンド」も始まり、「修二と彰」「亀と山P」によるドラマ対決に
  • 亀梨のドラマは、竹内結子&西島秀俊コンビの前作の印象が強く批判的な意見が目立つ

専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

“平成最後”“令和最初”と時代をまたぐ春ドラマ。二階堂ふみと亀梨和也のダブル主演「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系木曜22時〜)が11日に2時間スペシャルでスタートした。

 12日には山下智久主演の「インハンド」(TBS系金曜22時〜)も始まり、ジャニーズファンが色めき立つユニット「修二と彰」「亀と山P」によるドラマ対決の火ぶたが切られた。

「直近の2人の主演ドラマは、亀梨が2018年1月期の『FINAL CUT』(フジ系)で、山下が17年7月期の『コード・ブルー』第3シーズン。視聴率では山下が圧倒していましたが、今期も視聴率対決では亀梨苦戦の様相です」(テレビ誌ライター)

 初回放送後の視聴者のリアクションを見ると、「インハンド」は山下について触れる意見が多い。それに対し、「ストロベリーナイト」は10年にスペシャルドラマ、12年に連ドラ、13年に映画化された竹内結子&西島秀俊コンビの印象が強いせいか、原作や前シリーズのファンからの批判的な意見が目立つ。

「第1話が竹内&西島版の最初の作品と同じエピソードだったのは失敗だったかも」と同情するのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

「前作の印象が強い作品にあえて挑戦したのか、させられたのかは分かりませんが、同じクールに山P主演ドラマがあるのは、なおさら苦痛な気がします。そこに飛び込んだ心意気は買いたい」

 コアなドラマファンからは「ジャニタレNG」という意見まで飛び交う昨今。だが、昨年の全話平均視聴率を見ると、嵐・松本潤の「99・9」が17.6%で昨年の年間1位のほか、木村拓哉の「BG〜身辺警護人〜」が15.1%、嵐・二宮和也の「ブラックペアン」が14.3%と、上位に入っている。

 今年は1月クールの関ジャニ∞・錦戸亮主演「トレース」が全話平均で10.6%と、かろうじて2ケタをキープ。前出の亀井氏が言う。

「続く今クールが『亀と山P』対決なわけで、ジャニーズドラマは毎クールのようにあります。しかし、GP(ゴールデン・プライム)帯に20代アイドルの主演作が出てこないのは、それが若者人気だけでは稼げない地上波テレビと事務所の現状なのでしょう」

 次世代を育成しつつ、目先の数字の確保は中堅、ベテラン勢で……。一般企業と同じか。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

関連記事(外部サイト)