退位・即位式で「令和」特需 テレビ各局“高視聴率”大作戦

退位・即位式で『令和特需』 日テレは有働由美子キャスター「news zero」で勝負か

記事まとめ

  • 「平成」が終焉し、いよいよ「令和」が始まる、テレビ業界は大きな盛り上がりを見せる
  • 各局は退位、即位に関連する儀式を生中継しようと特番を編成、民放は『令和特需』とも
  • 日テレは有働由美子キャスターの「news zero」特番で勝負、桜井翔も一緒に仕切るとか

退位・即位式で「令和」特需 テレビ各局“高視聴率”大作戦

退位・即位式で「令和」特需 テレビ各局“高視聴率”大作戦

あと2週間… 平均視聴率は軒並み3〜4倍!(C)日刊ゲンダイ

■あと2週間…
 
 2019年4月30日、天皇陛下が退位され、翌5月1日には皇太子さまが即位される。「平成」が終焉し、いよいよ「令和」が始まる。この今世紀最大のセレモニーに際して大きな盛り上がりを見せているのがテレビ業界だ。

「NHKを筆頭に各局は退位、即位に関連する儀式を生中継しようと特番を編成します。民放にとっては『令和特需』といってもいいかもしれません。スポンサーがここぞとばかりに出稿してくれるからです」(テレビ局関係者)

 中でも高視聴率を期待して張り切っているのが民放キー局。視聴率3冠王をひた走る日本テレビは有働由美子キャスターを前面に出し「news zero」特番で勝負をかけるという。

「有働と共に桜井翔も一緒に特番を仕切ります。有働と同じ事務所のマツコ・デラックスのゲスト参加も調整中です」(関係者)

 視聴率争いで日テレを追い越せと気合を入れているテレビ朝日も負けていない。

「『報道ステーションSP』と銘打ち徳永有美アナと富川悠太アナがタッグを組む。他に東京五輪に絡む企画など独自の令和特番を企画しているようだ」(テレビ局関係者)

 一方、 TBSとフジテレビは――。

「TBSは元テレ朝の小川彩佳アナと安住紳一郎をメインに番組を展開する。初のタッグに局内からは賛否両論が出ているようだ。フジはタモリと加藤綾子をメインに据え報道色よりもバラエティー色が強い番組構成を柱にする。この大バクチがどのような結果を出すのか」(制作会社プロデューサー)

■平均視聴率は軒並み3〜4倍!

 NHKや民放各局が「令和特番」に力を注ぐのも当然だろう。4月1日、新元号発表の瞬間を放送した各テレビ局のニュース特番(午前11時〜11時57分)の平均視聴率は軒並み3〜4倍の数字を叩き出しているのだ。

「NHKの昼のニュース番組が19.3%。『news every.特別版』(日テレ)が6.3%。『大下容子ワイド!スクランブル第1部』(テレ朝)が5%。『FNN特報 列島縦断LIVE!ようこそ新元号SP』(フジ)が4.4%。『JNN報道特別番組・新元号発表へ』(TBS)が4.3%だったんです」(編成関係者)

 一生に一度見ることができるかという退位・即位式。生中継となればテレビの前に釘付けにならずにはいられない。

関連記事(外部サイト)