濡れ場も大胆に…「まんぷく」岸井ゆきのが主演映画で魅せた艶技と実力

岸井ゆきの主演映画「愛がなんだ」が公開、深川麻衣と「まんぷく姉妹」共演で話題に

記事まとめ

  • 「まんぷく」安藤サクラの姪役でブレークした岸井ゆきの、主演「愛がなんだ」が公開
  • 原作は直木賞作家の角田光代氏の同名小説で、恋愛映画の旗手である今泉力哉監督
  • 成田凌や深川麻衣ら出演で、岸井と深川との「まんぷく姉妹」の共演で公開前から話題に

濡れ場も大胆に…「まんぷく」岸井ゆきのが主演映画で魅せた艶技と実力

濡れ場も大胆に…「まんぷく」岸井ゆきのが主演映画で魅せた艶技と実力

(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

前期のNHK朝ドラ「まんぷく」で、ヒロイン安藤サクラの姪役を演じてブレークした岸井ゆきの(27)。そんな彼女の主演映画「愛がなんだ」(エレファントハウス配給)が19日に全国74館で公開された。原作は直木賞作家の角田光代氏の同名小説。監督は恋愛映画の旗手である今泉力哉氏だ。

「愛がなんだ」は、5人の男女が織りなす片思いを描いたラブストーリー。岸井が演じる平凡なOLテルコは、友達の結婚式で出会ったマモル(成田凌)に周りが見えなくなるほど恋に落ちる。しかし、マモルはテルコに恋愛感情はなく、個性的な服装でガサツな年上のすみれ(江口のりこ)にゾッコン。また、テルコの友達で自由奔放な葉子(深川麻衣)、葉子に一途な思いを寄せるカメラマン志望のナカハラ(若葉竜也)がメインキャストとして登場する。岸井と成田のベッドシーンもあり、岸井の胸元がはだけるお色気シーンもある。

 公開前から話題を呼んでいた「愛がなんだ」。岸井と深川による「まんぷく姉妹」の共演が大きいようだ。

「『まんぷく』では姉妹の関係でしたが、『愛がなんだ』では親友の間柄です。『まんぷく』は平均視聴率が21%超えの人気作で2人の貢献度も高かったといわれています。ファンにとっては楽しみな映画でしょう。『まんぷく』で岸井さんは実年齢26で14歳の役どころを違和感なく演じて評判になりました。今回は28歳のOL役と実年齢に近いですが、男女関係で悩む切ない女性の姿を見事に演じていました」(マスコミ関係者)

 話題先行感もあるようだが、岸井の演技力は折り紙付きで、関係者の間でも評判のようだ。映画評論家のモルモット吉田氏が言う。

「10代の頃からドラマに出演していた岸井さんですが、20歳ごろから舞台にも出演するようになって演技が開眼しました。2015年公開の映画『友だちのパパが好き』では吹越満さんの娘役を演じ、存在感を示しました。舞台『気づかいルーシー』(15年)で主演し、その後、映画『太陽を掴め』(16年)、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(17年)などのインディペンデント映画でヒロインを演じました。大人びた役から幼さの残る役まで、幅広い演技ができるので、関係者からの信頼も厚く評価も高いです」

 話題性だけではなく岸井の代表作になるかもしれない「愛がなんだ」。劇場に足を運ぶ価値がありそうだ。

関連記事(外部サイト)