ついに始まるTV局の“ジャニーズ切り”…サントリー新浪社長「スポンサー降板」示唆の衝撃

サントリーHD新浪剛史社長、ジャニーズ出演番組のスポンサーを降りる可能性を示唆

記事まとめ

  • サントリーHDの新浪剛史社長が、ジャニーズが出演する番組スポンサーを降りる可能性
  • 日本マクドナルドや東京海上日動火災保険などがCM契約を見直し、更新しない方針
  • テレビ局のジャニーズ事務所を担当する通称「ジャニ担」が変わる可能性もあるという

ついに始まるTV局の“ジャニーズ切り”…サントリー新浪社長「スポンサー降板」示唆の衝撃


(経済同友会の代表幹事でもあるサントリーHDの新浪剛史社長)

 9月7日の会見から、1週間あまり、「CM降板ドミノ」が止まらないジャニーズ事務所にさらに衝撃が走った。

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、16日付の「朝日新聞」の記事の中で、今後数カ月の間に事務所の体制が改善されなければ、所属タレントが出演する番組のスポンサーを降りる可能性を「あり得る」と発言した。

 サントリーは、現在「オールフリー」のCMにSixTONESの松村北斗を起用しているが、会見直後に、被害者の救済策・再発防止策で納得のいく説明があるまで、事務所と新たなCM契約を結ばないとの方針を発表していた。

「12日の新浪社長の会見では、同事務所の対応を“真摯に反省しているのか大いに疑問だ”と猛批判。企業に対して、“毅然とした態度をとるべきだ”と発言した。経済同友会の代表幹事を務める新浪社長のこの発言は重く、その後、一気に他の企業もCM起用の打ち切りや契約継続の取りやめなど、雪崩を打つように追随した。今回はさらに、“スポンサー降板”という突っ込んだ発言で、他の企業への影響は大きいでしょう」(経済担当記者)

 すでに木村拓哉が出演中の日本マクドナルドや「嵐」の松本潤が出演する第一三共ヘルスケアのほか、伊藤ハム、東京海上日動火災保険、アサヒグループホールディングスといった大手クライアントがジャニーズ事務所とCM契約を見直し、更新しない方針を明らかにしているが、今後さらに激震が走る可能性がある。

■テレビ局の「ジャニ担」も配置換え


(故・ジャニー喜多川氏の性加害問題についてのジャニーズ事務所の会見)

 キー局関係者はこう話す。

「いよいよ来たかという感じです。CM起用を見送るなどのレベルの話とは訳が違う。民放はスポンサーの意向で成り立っている。スポンサーが離れていくとあっては、いくら“対応を見守る”とか“人権重視”とかお題目を唱えても、どうにもならない。民放のアキレス腱はスポンサーなんです。今でこそジャニーズに対してペコペコしているテレビマンがほとんどだが、スポンサーの意向を理由にジャニーズ切りに走ることになりますよ」

 さらにこんな話もある。かつてテレビ局ではジャニーズ事務所を担当する通称「ジャニ担」は出世コースといわれていたが、それも潮目が変わる可能性があるという。

「各テレビ局はズブズブの関係を見直すべく、12月及び来年6月の人事異動でジャニ担を一新するでしょう。すでにジャニーズ切りに動いているんです」(別のキー局関係者)

 ついにスポンサー企業に愛想をつかされたジャニーズ事務所。瓦解は想像以上に速いスピードで進んでいる。

関連記事(外部サイト)

  • 10

    「ジャニーズ」が「芸能事務所(タレントマネジメント)」としての存続を諦めればいい話。

  • 9

    「ゲンダイの記事は信じない」 っていつものジャニ信者まだ来ていませんね。

  • 8

    ジャニーズ事務所への収入源を断つ対応をまずすることこれだけで十分 所属タレントは自らこれからを選択するはず ジャニーズ所有の資産売却救済に充てる

すべてのコメントを読む