小坂明子さん「世界歌謡祭で名前を呼ばれた瞬間光が…」

小坂明子さん「世界歌謡祭で名前を呼ばれた瞬間光が…」

小坂明子さん(C)日刊ゲンダイ

【その日その瞬間】

 代表曲「あなた」のヒットから45年。小坂明子さん(62)にとって、平成を経て令和の時代にも引き継がれる名曲が生まれた瞬間は劇的だった。

  ◇  ◇  ◇

「あなた」の発売は1973年12月。私はまだ高校2年生、16歳でした。父が音楽家で私が通ったのは大阪音大付属高校。将来の夢は大学を卒業して父と同じ音楽家の資格を取ることだったので、歌手になるという選択肢はゼロでした。そんな中で生まれて初めて作詞作曲したのが「あなた」。好きとか愛という言葉を使うラブソングは嫌だな、私ならこうしたいと思って初めて作った曲でした。

 曲を作ったのは高1の2月でした。それがヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)京都大会で入賞し、8月に関西の決勝大会、10月に合歓の郷リゾート(三重・志摩半島)で決勝大会が行われてグランプリを獲得、11月に日本武道館の世界歌謡祭に出場することになりました。あれよあれよです。

 合歓の郷でグランプリを取ったくらいから、デビューの話もポツポツあって、周りの大人がワタワタしているのがわかりました。そんな中で迎えた世界歌謡祭。宿泊した会場近くのホテルから出場者43組が全員、バスで武道館まで移動したのですが、すごいベテランばかり、リハーサルでもうまい。最年少の私は舞台裏でガクガクし、どうなっちゃうんだろうと不安でいっぱいでした。

■歌いだしたらマイクスタンドが下がるアクシデント

 本番でも思わぬアクシデントがありました。ピアノを弾いて歌いだしたら、横から長く延びているブームマイクスタンドがネジの締め方が悪くて下がってきちゃった。それで歌うのをやめてスタッフの方を呼んで直してもらい、初めからやり直しました。新人なのによくあんなことができたと思います。でも、みんなが「もう一回頑張れ」と拍手してくれてすごく落ち着くことができ、最後まで歌い切りました。

 司会は坂本九さんとジュディ・オングさんでした。各賞から順番に発表があり、私の名前は呼ばれない。最後はグランプリ。落ちたか残っているかだけ。九さんに「エントリーナンバー26番、小坂明子」と呼ばれた瞬間は「やった!」ってエネルギッシュ、ポコッと光がこちらに飛び込んでくる感じ。歌謡祭に出る前から運気がグッと上がっている気がして友達に「有名になるかも」とポロッと漏らしていたけど、本当になっちゃったと思いました。

 発表後は43組の演奏を担当したツーユニットのミュージシャンがお祝いの演奏をしてくれて。高水“大仏”健司さん、大村憲司さん、PONTAさんといった当時のそうそうたるメンバーがシンバルをバンバン叩いて、ベースやギターもトゥルルルルーって感じのありえないお祭り騒ぎ。九さんもお祝いの言葉を言ってくれた。終わってからは記者会見もあって、もうどさくさ。世の中が変わった瞬間でした。ホテルまでどうやって帰ったのかは覚えていません。

■東京と大阪をブルートレインで行き来する毎日

 シングルは歌謡祭の翌月発売ですが、収録したのは合歓の郷でグランプリを取った後の音源でした。合歓の郷には新婚のカップルがいっぱい来るから、新婚さんに配るソノシートとして作ったものです。私は失恋した女性の心の叫びを歌いたいと思っていたのに、本番を録ってくれなくて、セーブして歌っていたのですが、それがよかったみたい。その音源がそのままシングルになったというわけです。

 レコードは当時は160万枚、最終的には200万枚を超えました。それから高3で紅白に出て卒業するまでは4つあった歌番組に出るため、大阪と東京をブルートレインで行ったり来たりの日々。事務所を変わったりして、関西に戻ったのが21歳の時でした。

 その後、シンガー・ソングライターや作曲の仕事を続け、大きなターニングポイントは「ミュージカル 美少女戦士セーラームーン」との出合いです。音楽監督を担当して、これまで450曲以上の楽曲を書いています。

 なので、40歳以上の人には「あなた」の人、35歳くらいまでは「セーラームーン」の人と思われていて、バランスよくつながりができ、恵まれていると思います。令和の時代もよろしくお願いします。

関連記事(外部サイト)