番組最高視聴率を更新「ポツンと一軒家」快進撃のワケ

「ポツンと一軒家」が最高視聴率の19.8%記録 「いだてん」「イッテQ!」不調も要因か

記事まとめ

  • 19日放送「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が番組歴代最高視聴率の19.8%を記録した
  • 日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の牙城を脅かし、2月24日に16.4%で単独TOPに
  • NHK大河「いだてん」の不調や、「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の疑惑なども影響か

番組最高視聴率を更新「ポツンと一軒家」快進撃のワケ

番組最高視聴率を更新「ポツンと一軒家」快進撃のワケ

所ジョージ(左)と林修(C)日刊ゲンダイ

19日放送の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)が番組歴代最高視聴率の19.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録した。

 衛星写真だけを手がかりに、人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を訪ね、どんな人がどんな理由で暮らしているのかを調査。その人生観にまで迫るバラエティー番組だ。

 昨年10月のレギュラー化以降、視聴率はうなぎ上り。

 鉄壁といわれていた日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の牙城を脅かし、今年2月24日には16.4%で単独トップに。

 さらに5月に入り、5日、12日と連続で17.7%を記録、ついにこの日を迎えた。

「NHKの大河『いだてん』のあんまりな内容にこれまでの大河ファンが鞍替えし、中高年の視聴者が流れてきたというのがひとつ。視聴者は日本人初の五輪選手の話より山の中に暮らすちょっと変わった人(?)の暮らしぶりや人生に興味があるということでは? 『人生の楽園』(テレ朝系)も同じですが、視聴者の興味がセカンドライフをいかに生きるかということにシフトしているのではないか。さらに、『イッテQ』(同日16.9%)はお祭り捏造疑惑、テレビ東京系『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(同日6.8%)は在来種大量死疑惑などが報じられ、2番組とも視聴者の信頼を失った感があるのも関係しているのではないか」(テレビウオッチャー)

 天下国家の英雄よりも名もなき市井の話が見たい――視聴者のニーズはとっくに変わった!?

関連記事(外部サイト)