柔和だった田口淳之介容疑者が…3年前に見せた“理解不能”な状態

田口淳之介容疑者、3年前"理解不能"な状態 小嶺麗奈容疑者との大麻生活しか考えず?

記事まとめ

  • 元KAT-TUN田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反の所持容疑で逮捕された
  • 田口容疑者が10年ほど前から使用と供述したというが小嶺容疑者と交際が囁かれ程ない頃
  • 田口容疑者が3年前辞めたいと言い事務所側が話をした時"理解不能"な状態だったという

柔和だった田口淳之介容疑者が…3年前に見せた“理解不能”な状態

柔和だった田口淳之介容疑者が…3年前に見せた“理解不能”な状態

田口淳之介容疑者(C)日刊ゲンダイ

城下尊之【芸能界仕事術】

 元KAT―TUNの田口淳之介容疑者(33)と小嶺麗奈容疑者(38)が大麻取締法違反の所持容疑で逮捕されて10日が経った。2人が暮らしていた自宅から乾燥大麻数グラムと吸煙関連器具が押収されたという。自宅に踏み込んでの検挙だから、関東信越厚生局麻薬取締部は絶対に自宅にあるという確信がある状態だったはず。ということは、かなり以前からマークされての逮捕劇だったということだ。

 僕は田口容疑者がまだグループにいる頃に、何度か取材で顔を合わせたことがある。個性的なメンバーがいて派手な印象の残る取材の中、田口容疑者だけは、何というか、ホワンとした柔和な笑顔の、どちらかというと、明るくておとなしいイメージが残っている。大麻などの違法なものに関わっているなどとはまったく感じなかっただけに、今回の逮捕は少なからず驚きだった。

 その後の取り調べの中で、大麻は10年ほど前から使用していたと明らかにしたと報じられている。小嶺容疑者との交際がささやかれて程なくといった時期であり、彼がいたKAT―TUNが東京ドームで8日間連続満員のコンサートをやった輝かしい頃でもあるからショックだ。

 ただ、一度だけ、“おかしいな”と感じたことがあった。それは、彼がグループを脱退し、所属していたジャニーズ事務所を辞めた時のことだ。今から3年前のこと、彼が「辞めたい」と言い出して事務所サイドが話をしたのだが、その時の彼が“理解不能”な状態だったという。当時の関係者から耳にした話だ。

 田口容疑者が小嶺容疑者と交際していたことはかなり知られていたので、まず事務所サイドから「結婚したいのなら、そのために時期を決めて順を追って動いていく」と提案されたが、彼は「結婚ではない」と返答。そこで事務所はドラマでいい味を出したと評価されたばかりだったので、俳優業を構築する、もしくはバラエティーがいいなら、その希望に沿って仕事を入れると再度、提案したという。ところが、「俳優をやりたいわけではないし、別にバラエティーでもない」という答え。なぜ辞めたいかと理由を聞くと、「30歳になるので、これからの自分の人生を考えたい」という曖昧なものだったという。

 社会人であれば、人生を考えるのは仕事をしながらするのが当然で、ビジョンも何もなく、ただ辞めるというのは意味不明だなと当時の僕は思ったものだ。そしてメンバーも事務所側も「釈然としない」まま事務所を離れてしまった。最大限、彼の希望を聞き入れようとした関係者たちはどんな思いだったろうか。

 今回のことで、その頃から大麻にドップリとつかっていて、小嶺容疑者との大麻生活しか考えられなかったのだろうと推察される。ホワンとした彼は一体どこへ消えていったのか。薬物というのは本当に人をダメにする恐ろしいものだ。

(城下尊之/芸能ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)