木村拓哉が新境地おっさん役 “アイドル後遺症”を克服できるのか

木村拓哉が新境地おっさん役 “アイドル後遺症”を克服できるのか

ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

元SMAPで俳優の木村拓哉(46)のドラマ主演が立て続けに決まり、話題になっている。

 ひとつは10月スタートの日曜21時“日曜劇場”枠。「半沢直樹」や「下町ロケット」で高視聴率を記録したTBSの看板枠で、挫折を経験したカリスマシェフ(木村)が世界最高の3つ星レストランを目指す物語。もうひとつは、来年正月のフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ「教場」で、警察学校の冷徹な鬼教官役。どちらも人生経験の裏打ちが求められる役どころだけに、トレンディードラマを牽引してきたキムタクも年相応のおっさん役に移行する様子がうかがえる。

 現在、日曜劇場で放映中の「集団左遷!!」は2日、視聴率は前回から1・6ポイントアップし、9・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。主演の福山雅治(50)の泥くさい演技が評価を得ている。その昔、結婚報道で“福山ロス”現象が起こるほどのイケメンが、今作ではサラリーマンにも共感される“おっさん”にうまく移行している。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「福山さんはご自身のラジオで下ネタも話し、ざっくばらんなところを見せている背景があるので、共感を得られたのでしょう。ですが、キムタクはドラマを見なくとも見た気になる、膨満感を感じさせてしまう。公の場に登場する容姿は若々しく、“加齢込みの演技の進化”より彼の“アンチエイジング”のほうが目立ち『HERO』など過去の作品の延長線上であろうと予想されてしまうのです。最近開設したウェイボーにしろ、娘とのエピソードにしろ全てスタイリッシュで親近感が湧かず、素の自分が見えない。“アイドル後遺症”が色濃いのです。天才シェフ役ということで『ビストロSMAP』で磨いた料理の腕が見せどころなのでしょうが、一般的な視聴者にはグループ解散の“公開処刑”のイメージがガッチリひも付けられていて、強みよりもマイナスになる気がしてなりません」

 とはいえ何があっても注目されるキムタク。アイドル後遺症を克服できるかどうかが、今後の俳優人生を左右しそうだ。

関連記事(外部サイト)