藤原紀香が友近と同化? モノマネ酷似で心配な“お水”ネタ

藤原紀香が「ダウンタウンなう」で中森明菜を熱唱し「友近に寄せてきている」の声

記事まとめ

  • 藤原紀香がフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、関西弁でのトークを展開した
  • 中森明菜の楽曲も披露し、視聴者からは「友近に寄せてきている」などと指摘する声も
  • ダウンタウン松本人志が元夫の陣内智則の名前を口にした場面では"大丈夫です"と返した

藤原紀香が友近と同化? モノマネ酷似で心配な“お水”ネタ

藤原紀香が友近と同化? モノマネ酷似で心配な“お水”ネタ

今度は…(C)日刊ゲンダイ

モノマネ芸人が本物を超えたということか。

 5月31日放送のフジテレビ系のバラエティー番組「ダウンタウンなう」に出演した女優の藤原紀香(47)。もともと兵庫出身の紀香は関西弁をさく裂させ、明るいトークを展開したが、視聴者からは〈もう友近にしか見えない〉〈紀香、友近のモノマネを意識してたりして〉……紀香のモノマネでお馴染みのお笑い芸人・友近(45)と同一化しつつある、なんて感想が相次いだ。

 番組内で紀香は、中森明菜の「DESIRE―情熱―」をカラオケで熱唱。どうやらその様子さえも〈中森明菜のモノマネといえば友近!〉〈紀香が友近に寄せてきている>と視聴者に思わせてしまったようだ。

「紀香さんが友近モノマネに寄せているかどうかは、さておき、今回の番組出演で『きれいで華がある』と視聴者に再認識させたことは間違いないでしょう。ダウンタウンの松本人志さんが、元夫のお笑い芸人・陣内智則さんの名前を口にする場面もありましたが、紀香さんは『大丈夫です』と余裕の返し。かつての結婚・離婚を乗り越えたからこそ、いま歌舞伎役者の片岡愛之助さんと幸せな生活を送っている。だから私は大丈夫、という大人の余裕みたいなものを醸し出した気がしますね」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

 2007年に陣内と結婚し、2年後の09年に離婚した紀香。16年には片岡と再婚し現在は夫婦仲むつまじい様子だ。

 紀香は夫である片岡が歌舞伎に出演する際、劇場ロビーに立ち、客の出迎えをすることもあるようで、大阪在住の歌舞伎ファンの70代女性は「以前、ロビーで紀香さんのお出迎えを受けました。着物がよくお似合いで、笑顔が赤ちゃんのように無垢な感じなんです。歌舞伎では奥さまはあくまで裏方。紀香さんも着物や髪形を地味にして、一番奥で極力目立たないよう立っていましたが、いかんせん抜群のプロポーションと美貌ですから……どうしても目立ちますよねえ」と証言する。

 プライベートは順調のようだが、前出のエリザベス松本氏は「ただ……」と、こう続ける。

「紀香さんが一時期“水素水”にハマっていたことは有名ですが、最近のブログでは“宝石水”なるものを突如プッシュ。水素水がネット上で〈うさんくさい〉などと面白おかしく取り上げられてしまったように、今度は“宝石水”でイジられなければいいのですが……ちょっと心配です」

 友近のモノマネレパートリーに“宝石水について語る紀香”が加えられる日も近い!?

関連記事(外部サイト)