原田龍二は謝罪会見で“傷口”拡大 詰めを誤った致命的言動とは

原田龍二が不倫謝罪会見の発言で傷口拡大か 火消し方法にも疑問の声

記事まとめ

  • 原田龍二が「文春」の不倫報道後開いた謝罪関係の内容が、傷口を広げたとの指摘がある
  • 生々しい告白や「ダウンタウンさんにイジってもらうしか」などの発言を問題視する声も
  • 千原せいじも先日不倫報道があったほか、山尾志桜里議員も不審な行動が報じられている

原田龍二は謝罪会見で“傷口”拡大 詰めを誤った致命的言動とは

原田龍二は謝罪会見で“傷口”拡大 詰めを誤った致命的言動とは

まさかの拡大…(C)日刊ゲンダイ

【芸能界クロスロード】

 ドラマ界は1話完結が主流になっているが、芸能ニュースでも時には1回の報道で完結がある。

「文春砲」が芸人・千原せいじ(49)に続き俳優の原田龍二(48)の不倫を詳細に報じた。不倫の内容は異なるが両者に共通しているのが文春の直撃に事実を認め、素直に腰を据えて応じていること。つけ加えれば、千原の「モテてもうたんやって」の言葉通り、原田もモテ期だったこと。それでも認めて洗いざらい話したことで不倫話は完結している。

 昨年までの一連の不倫報道ではありえなかった対応だった。大半の人は認めないか、無視を決め込む。時の流れが忘れてくれることを得策とする傾向にあるが、山尾志桜里議員のように不審な動きをすれば、「不倫」の2文字は再び蘇り、ダメージは広がる。

 事実を積み重ねた不倫報道に言い訳は通用しないことを先人に学んだのか、風向きが変わってきた。くだんの2人は一報で素直に認めた。その時点で話は完結。他のメディアが後追いする余地などほとんどない。原田もそこまでの危機対応はできていたが、後がいただけない。自ら墓穴を掘った感は否めない――。

 初スキャンダルに原田は「記者会見します」と丁寧な対応。事実と認めているのになにを語るのか、会見を待つのがメディアの姿勢だが、勇み足もあった。一部のメディアが仕事終わりの原田を直撃。「文春の話は事実ですか」とカメラを回しながら改めて問う。平身低頭に謝る原田。本来、後追いは「否定」「ノーコメント」を貫いている人に対して改めて聞く必要がある場合に有効。それをすべて事実と認め、会見までする人に直撃して何の意味があるのか。近年、指摘されている「弱い者イジメ」の典型的な一コマを見る思いだった。

 会見など開かず何事もなかったように通常通り仕事を続ける千原とは対照的に会見に臨んだ原田だったが、打算も見え隠れしていた。型通りダークスーツで現れた原田にメディアの容赦ない質問が飛ぶ。「そこまで言わせなくとも」と思うほど洗いざらい答える。確かに、原田のやったことはファンと車中でコトを済ませるご法度。性処理に利用しているようにしか見えず、「ゲス不倫」を絵に描いたようだった。

 弁解の余地がない不倫でも、わずかな救いを求めて開いた会見。ダメージの回復を図る意図があったはずだが、文春の内容を本人の言葉で新たにおさらいしたようなもので、不倫話は拡大。そこで考えた火消し方法も自ら「ダウンタウンさんにイジってもらうしかないですね」と言い放った。

 不祥事後はバラエティーで芸人にイジってもらうことが、イメージ回復の処方箋のようになっている昨今。原田は2年前の袴田吉彦が「アパ不倫」をネタに復帰したパターンを考えたのだろうが、先に明かしたのでは、語るに落ちる。マジシャンがタネを明かしてマジックを見せるようなもの。ダウンタウンも「ぜひ」と乗ってくるはずもない。

 スキャンダルは対応の仕方ひとつで大きく変わる。せっかく認めて謝罪したのに詰めを誤った。俳優・タレントとして軌道に乗ってきた原田。不倫の代償だけでなく、あざとい回復作戦で傷口はさらに広がった。

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)