大政絢&篠田麻里子“濃厚キスシーン”大サービスに隠されたNHKの目論み

大政絢&篠田麻里子“濃厚キスシーン”大サービスに隠されたNHKの目論み

篠田麻里子(左)と大政絢(C)日刊ゲンダイ

大政絢(28)と篠田麻里子(33)の濃厚なキスシーンに、ネット上では〈NHKとは思えない〉〈もっと見たい〉〈NHKありがとう〉などと反響が大きいようだ。

 5月3日に放送された長谷川京子(40)主演のNHKドラマ「ミストレス〜女たちの秘密〜」(金曜夜10時〜)の話。

「ドラマではフィットネスジムのトレーナー役の大政とレズビアンでスタイリスト役の篠田が恋仲に。第3話の約40秒のキスシーンは圧巻でドキドキしましたね。あっけにとられた視聴者も少なくなかったでしょう。その後も2人のキスシーンがあり、SNS上では盛り上がっていましたよ」(テレビ誌ライター)

 最終話(21日)に向けて視聴者のボルテージは上がっているようだが、「NHKの戦略に見事にはまりました」と言う放送ジャーナリストの小田桐誠氏がこう続ける。

「大政さんと篠田さんのキスシーンは若者から受信料を徴収する戦略の一環ではないでしょうか。若者からの徴収は数十年前からのNHKの課題。そのために近年は若者に歩み寄った番組作りが顕著です。1994年から16年間放送された『週刊こどもニュース』は子供から中高生までをカバーした番組構成でした。2008年に放送されたドラマ『バッテリー』(あさのあつこ原作)ではジャニーズの中山優馬を主演に起用、最近のEテレ(教育番組)では吉本の芸人やジャニーズを多用するなど、さまざまなアプローチで若者に近づこうとしています。今回のキスシーンが若者の間で話題になったのは、NHKからすると、しめしめでしょう」

 くしくも、NHKの念願だった放送とネットの常時同時配信が5月29日の改正放送法の成立で実現可能になった。これまでNHKは来年夏の東京五輪・パラリンピックに合わせて同3月に開始する予定だった。しかし、NHKの上田良一会長は年末の紅白歌合戦でも同時配信を実施したい意向を示し、前倒しでスタートに向けて動いている。

「NHKは、常時同時配信は若者から受信料を徴収する制度として活用するつもりでしょう。若者はテレビは持っていなくても、スマホは持っている。常時同時配信が始まると、いずれはスマホを持っているだけで受信料を徴収されるようになると思います。懸念されているNHKの肥大化に、ますます拍車がかかります」(前出の小田桐誠氏)

 NHKに「テレビなし、スマホあり」の場合、受信料は徴収されるのか聞いてみると、「テレビ放送を受信できる機器をお持ちの方は、受信契約をしていただく必要があります。お持ちのスマホやタブレット、パソコンがテレビ放送を受信できる機能を持たないのであれば、受信契約の対象とはなりません」と回答があった。

 今のところ、ワンセグ機能がついていないスマホの所持者は受信料を徴収されないとのことだが、いつかまた、どんな法改正があるか分からない。

関連記事(外部サイト)