フジ月9が4期連続2ケタも…上野樹里の次回作に不吉な予感

フジ月9が4期連続2ケタも…上野樹里の次回作に不吉な予感

上野樹里(C)日刊ゲンダイ

元気を取り戻してきたようだ。

 窪田正孝(30)主演のフジテレビ“月9”「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の最終話(17日放送)は平均視聴率13.8%。これまでの最高を更新し、全11話の平均は12.1%だった。これで“月9”は2018年7月期の「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」から「SUITS/スーツ」「トレース〜科捜研の男〜」と、4期連続での2ケタ達成となる。

 かつての“月9”は過去最高の平均視聴率34.3%を記録した「HERO」(01年)をはじめ、20%超えも珍しくなかった。しかし、近年は過去最低平均視聴率6.1%を記録した「海月姫」(18年)など2ケタを割るように。

「『ラジハ』は早くも24日に2時間の特別編が放送されます。局内は沸いていますよ」(フジテレビ関係者)

 そこで気になるのが次回作。7月からは06年の「のだめカンタービレ」以来、13年ぶりに“月9”に主演する上野樹里(33)の「監察医 朝顔」(7月8日スタート)が放送される。「あすなろ白書」(1993年)の石田ひかり(47)、「ロングバケーション」(96年)の山口智子(54)と、かつての“月9”ヒロインが3人出演することでも注目されている。

「フジテレビは2013年に山下智久・主演ドラマ『SUMMER NUDE』にかつての“月9”ヒロイン香里奈(35)、長澤まさみ(32)、戸田恵梨香(30)の3人を起用した例があります。平均視聴率12.7%と好評でした。今回も3人起用して“月9”の勢いをさらに加速させ、かつての栄光を取り戻したいのでしょうね」(テレビ誌ライター)

 高視聴率を狙っているようだが、「NHK朝ドラ『なつぞら』のように豪華キャストの集結には弊害もある」と心配するのはコラムニストの桧山珠美氏だ。

「『なつぞら』には朝ドラの元ヒロインが7人起用されましたが、相乗効果があったのかは疑問です。主役のキャラ立ちが弱くなり、ドラマが締まらない印象ですね。『監察医』でも同じ現象が起こる可能性があるでしょう。そもそも、上野さんは『のだめ』では玉木宏さん、『グッド・ドクター』では山崎賢人さんというイケメン俳優に引き立てられて輝いていた部分がある。今回は看板になるイケメンが不在というのも不安材料ですね」

 フジテレビのもくろみが外れないことを祈るばかりだ。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

関連記事(外部サイト)