“闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

“闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

(左から時計回りに)カラテカ・入江慎也、宮迫博之、レイザーラモンHG、田村亮(C)日刊ゲンダイ

カラテカ・入江慎也(42)らが反社会的勢力が主催するパーティーで「闇営業」をしていた問題。すでに入江は吉本興業を契約解除となっているが、騒動は収束の気配を見せず、ますます波紋が広がっている。

 パーティーに参加していた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)は、「ギャラはもらっていない」と釈明したが、同じ吉本興業所属のダウンタウンの松本人志(55)はフジテレビ系「ワイドナショー」(9日放送)で、「(ノーギャラということは)正直、ないと思う。どういうふうに配分されたかは分からないけど」とコメントした。

 発売中の「FLASH」では、特殊詐欺グループの金庫番だったという男性が仲介役の入江の口座に300万円を振り込んだと証言。「100万円は宮迫のギャラ、30万円は入江の手数料、残りの170万円を他の芸人で分ける」と説明されたと言う。また入江らは、パーティーの主催者が特殊詐欺グループであることは知っていたはずだと証言した。

「芸人でも歌手でも、“直”と呼ばれる闇営業は広く存在します。例えば、事務所を通すと最低10万円からとなってしまうところを半額の5万円で受ける。通常、領収書のやりとりもないので、芸能人側にとっては事務所に取り分を抜かれることもないオイシイ仕事です。ギャラをもらってないワケはないですよ」(芸能プロ関係者)

 一方、日刊ゲンダイ既報の通り、宮迫が出演する「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、三井住友銀行はじめ、スポンサーが次々とCM出稿を引き揚げる事態に発展。テレ朝もコンプライアンス重視の姿勢を吉本側に伝えるなど事態は深刻化している。

 また、NHKは19日、同パーティーに参加した、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と、レイザーラモンHG(43)が出演する番組の放送を取りやめると発表。「事実関係を調査中で、把握できた段階で改めて判断したい」とした。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう語る。

「もちろん闇営業は問題ですが、それはあくまで所属事務所とタレントの間の話です。しかし、それが反社会的勢力が相手だったとなると、スポンサーや局にとっては看過できない問題となってくる。今後は金銭の受け取りがあったかどうかがポイントになってくると思います」

 この特殊詐欺グループは、100億円以上を荒稼ぎしていた「日本最大規模の詐欺グループ」と報じられている。被害者からだまし取った金が闇営業で芸人に流れていたとしたら――。さらに、そのギャラを税務申告していない場合は脱税の疑いもある。宮迫も不倫釈明の時のような「(白でも黒でもなく)オフホワイトです」などという冗談では、とうてい済まされまい。

関連記事(外部サイト)