宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「甘過ぎた認識」の代償

宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「甘過ぎた認識」の代償

宮迫博之(C)日刊ゲンダイ

反社会的勢力が主催するパーティーで闇営業を行っていた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)ら11人の芸人を活動停止と謹慎処分にしたことを24日、所属先の吉本興業が発表した。これまで否定してきた、金銭の授受については「受け取った事実があった」と同社が判断した。

 発端は、7日発売の「フライデー」(6月21日号)が、2014年末に、宮迫や田村らが特殊詐欺グループの忘年会に出席していたと報じたこと。事務所を通さずに直接ギャラを受け取る闇営業の実態と、反社会的勢力と芸人の交際が明るみになった。吉本興業は反社会的勢力と芸人らを仲介した「カラテカ」の入江慎也(42)をすぐに契約解除したが、フライデーに出席を報じられた宮迫、田村、レイザーラモンHGらは、なぜか処分していなかった。

 しかし、反社会勢力との交際が明るみになったことで、宮迫自身がMCを務めるバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にさっそく影響が出ていた。

「闇営業が報じられて6日後の13日の放送では、宮迫は通常通り出演していました。しかし、CMになると、いつも流れている三井住友銀行や、三菱UFJグループ『アコム』のCMが公益社団法人ACジャパンのCMに差し替わっていました。反社との交際に厳しい銀行系が、CMから一斉に手を引いたようですね。場合によっては、これから多額の違約金が発生する可能性もあります」(テレビ局関係者)

 それにしても不思議なのは、フライデーが芸人たちの闇営業の実態を報じてから、パーティーに出席した芸人が処分に至るまで半月も時間を要したことだろう。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「吉本興業は闇営業の実態を甘く見ていたとしか思えません。問題の本質は、所属芸人が事務所の目を盗んでバイトをしていたことではなく、反社会的勢力とみられる人たちの会合に参加していたことなのです。最初にフライデーが報じた段階で、カラテカの入江1人を、トカゲの尻尾切りのごとく処分するだけでなく、闇営業した他の芸人たちも厳しく処分していたら、このような事態は免れたはずです」

 認識の甘さが招いた今回の大量処分。吉本興業のダメージは甚大なものになりそうだ。

関連記事(外部サイト)