「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

やっぱり二枚目(C)日刊ゲンダイ

俳優田村正和(75)が自らの引退と、老後を語り話題だ。現役時代は大の取材嫌いで、プライベートを語らないことで知られてきたが、「女性自身」によると「僕はもう、やり切ったから静かに死にたい」「あとは静かにフェードアウトするだけだね」などと率直な心境を語ったというのだ。

 現在は都内の高級住宅街にある豪邸で、連れ添って半世紀になる3歳年上の夫人和枝さん(78)と2人暮らし。記者の直撃取材を受けたのは、20分のウオーキングを終えた午前中。近況を聞かれると「のんびりしているよ」と笑い、こう答えたそうだ。

「たまに天気の良い日は、気が向いたらこうやって歩いてみたりね。夕方になったらカミさんと2人で食事して、ニュース番組やテレビを見て、そして寝る。健康的な毎日ですよ」

 田村はテレビ時代劇「眠狂四郎」シリーズの二枚目から、刑事ドラマ「古畑任三郎」でのコミカルな役柄まで、幅広く演じ、お茶の間に親しまれてきた。しかし昨年2月放送のドラマ「眠狂四郎 The Final」を最後に表舞台から退き、現在、事務所は閉鎖状態で、マネジャーとの連絡も絶って久しいという。

 事実上の引退だろうが、「映画もテレビもやったし、舞台もやった。昭和から始まって、平成まで。もう十分じゃないかな」と語り、現役時代への後悔はなく、すがすがしい表情を浮かべていたという。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「どんな人間も年を取り、老いはやってきます。二枚目で鳴らした田村さんのコメントからは、それを前向きにとらえ、俳優人生への幕引きを自ら決断されたことがうかがえる。それができたのは、ちゃんと仕事に向かい、やり切ったとの実感があるからでしょう。だからこそ潔く、逃げも隠れもしないで、隠居を語ることもできる。これは現役世代の憧れ、理想の形だと思います」

 田村には長女がいて、2人の孫もいるそうだ。「あんまり訪ねてこないんだよ」と目尻を下げて、おじいちゃんとしての胸中を語ったほか、「実は仕事きらいなんだ」と言ったり、「海外旅行? もう仕事でたくさん行っちゃったし、もともと飛行機嫌いなんだよ」と知られざるエピソードも連発している。

 横浜市郊外にある公園墓地にある墓には「田村家先祖各霊菩提」と書かれた墓石があり、「昭和六十三年吉月吉祥日建之 田村正和」と刻まれているという。「正和」だけが朱字の、いわゆる生前墓である。田村は心臓に冠動脈性心疾患という持病があり、その手術を受けたことを明らかにしつつ、「だからあまり無理はできないんです」と現在の体調を語っている。

 老後も、当たり前ながら、いつも悠々自適とはいかない。そんな人生に真っすぐ向き合う姿勢は、やっぱり今も二枚目だ。

関連記事(外部サイト)