闇営業問題で“働き方改革”急務…吉本興業を襲う倒産の危機

【闇営業で宮迫博之や田村亮ら謹慎処分】吉本興業の倒産を危惧する声

記事まとめ

  • カラテカ入江慎也の仲介で闇営業をしたとして、宮迫博之や田村亮らが謹慎処分となった
  • 吉本興業が、所属芸人6000人以上に最低限ギャラを保証するのは不可能とみられている
  • 吉本所属の芸人を絞り込む可能性もあり、『数は力なり』の吉本興業の倒産を危惧も

闇営業問題で“働き方改革”急務…吉本興業を襲う倒産の危機

闇営業問題で“働き方改革”急務…吉本興業を襲う倒産の危機

左から時計回りに、「スリムクラブ」の真栄田賢と内間政成、宮迫博之、田村亮/(C)日刊ゲンダイ

吉本興業が創業以来の危機に瀕している。所属する漫才コンビ「スリムクラブ」と「2700」が指定暴力団「稲川会」の大幹部の誕生パーティーに参加して金銭を受け取っていたとして無期限謹慎処分に。すでにカラテカの入江慎也(42)の仲介による“闇営業”問題では「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら人気芸人11人の謹慎処分が発表されている。

 相次ぐ不祥事を受け、吉本興業は反社会的勢力との決別を表明。今後も所属芸人らに対しコンプライアンス指導を徹底していくという。しかし、「そう簡単にことが収まるとは思えません」と言うのは、若手芸人らの面倒を長年にわたり見続けてきた放送作家だ。

「現在、吉本興業に所属する芸人は6000人以上もいる。そのなかでアルバイトをせず食べていけるのはほんの一握り。食べていけない芸人らは当然、バイト生活を余儀なくされるんです。しかし仕事の特性上、いつ仕事が入るかが分からないので、まともなバイトは出来ないんです」

 その結果、芸人たちは、拘束がなく、現金でギャラが受け取れる闇営業に走るという。

「基本、闇営業のギャラは高い。新人芸人でさえ最低で3万円以上。運がよければ10万円以上なんです。テレビ局で10万円といえば、それこそM―1優勝クラスの芸人。そもそも、芸人のギャラは安い。闇営業のギャラは彼らにとっては非常に魅力的なんです」(芸能プロ関係者)

■「数は力」の護送船団方式でテレビを席巻

 相手が反社勢力と認識した上での闇営業は言語道断。そのうえで、芸人たちに事務所を通さない闇営業をやめさせるには吉本サイドも変革が不可避だ。

「今後、所属する芸人らに闇営業をやめさせるために、最低限のギャラを保証しなければならなくなるでしょう。それを6000人分やるのは到底不可能。そうなると吉本に所属させて最低限のギャラを保証する芸人を絞っていく必要が出てくる。これまでのように“護送船団方式”で多数の芸人を抱え、囲い込んでいくことは無理になるわけです」(事情通)

 さらに、国が介入してくる可能性も浮上しているという。

「安倍政権は働き方改革を旗印にしていますが、この政策は労働時間だけでなく賃金も含まれている。当然、芸人たちの最低限のギャラを保証しろと言い出しかねない。そうなれば吉本同様、他のプロダクションも所属する芸人らの契約をすべて見直すことになる。当然、契約できる芸人は絞られますから、芸人人口は激減するとみられます。となるとテレビ局も芸人のギャラをアップせざるを得ない。吉本は人数が多い分、大変でしょう」(キー局関係者)

 これまで「ケチモト」と呼ばれることもネタにしながら、数は力なりでお笑い界を席巻してきた吉本興業。

 そこに今風のコンプライアンスと働き方改革が導入されたら倒産のピンチである。

関連記事(外部サイト)