武田真治は“筋肉長者”に CM&商品開発オファーでギャラ億超え

武田真治『みんなで筋肉体操』きっかけにブレーク 年収億超え確実と広告代理店関係者

記事まとめ

  • 武田真治はNHK『みんなで筋肉体操』をきっかけにブレークし、紅白歌合戦にも出場した
  • 武田の知名度は全国区となり、CMだけでなく、商品開発関連オファーもきているという
  • 武田の年収が億を超えるのは確実視されており、ファンクラブの新規会員が激増も

武田真治は“筋肉長者”に CM&商品開発オファーでギャラ億超え

武田真治は“筋肉長者”に CM&商品開発オファーでギャラ億超え

武田真治(C)日刊ゲンダイ

ドラマやバラエティー番組のプロデューサーやディレクターらが一堂に会する局のキャスティング会議で、目下、必ず名前があがるのが武田真治(46)だ。再ブレークのきっかけは昨年夏に放送された「みんなで筋肉体操」(NHK)で筋骨隆々の肉体美を披露したこと。

「筋肉美を追求する番組で、女性から子供まで広い層に受け入れられました。番組自体は淡々とトレーニングする様子が流れるだけでしたが、かえってそれが想定外の人気を博した。武田は昨今の筋肉ブームの仕掛け人と言っても過言ではありません」(民放編成マン)

「みんなで筋肉体操」の出演料は1本20万円程度とみられているが、武田の知名度は一気に全国区に。番組を見た民放プロデューサーがこぞって興味を持つようになった。

「昨年は筋肉体操で紅白出場も果たしました。NHKをきっかけにしたブレークは大きいですよ。今後も定期的にNHKの番組に出演できるし、体操や筋肉キャラで十二分に食べていける。もはや無理して俳優業にこだわる必要がないくらいに需要があります」(芸能関係者)

■女性ファン急増

 すでに複数のスポーツ用品メーカーや栄養食品メーカー、ゲーム機器メーカーなどから、CMだけでなく、商品開発に関連したオファーも舞い込んでいるという。

「正直、今のキャラを究めた方がさらにチャンスは広がる。現在のギャラは、ドラマは1本120万円程度、バラエティー番組は1本60万円程度ですが、そんな武田に対してすでにCMオファーが3本も来ている。それも1本あたり3000万超えです。年収が億を超えることは確実です」(広告代理店関係者)

 武田のもうひとつの強みが女性ファンの急増だ。最近になって公式ファンクラブの新規会員数が激増しているという。

「公に発表していませんが3万人以上はいると思います。しかも会員になるのに年会費は7000円近くもかかるんです。ファンクラブの大半が『筋肉体操』でブレークしてから入会しており、46歳にしてここまでの人気を集めた例は他にありませんよ」(事情通)

■AKB48顔負けの「おさわり券」

 ファンクラブの要望で実現したイベントも話題だ。

「武田のCDを購入することが条件で、握手&胸筋おさわり券付きの企画だそうです。握手券で莫大な利益を生み出したAKB48を彷彿させるような話で、業界関係者は興味津々です」(放送作家)

 さらに武田の筋肉人気にあやかろうと、多くの芸能プロダクションが、筋骨隆々なイケメンタレントの育成をはじめたという。

「ジャニーズ事務所も筋肉系の育成を始めたそうです」(芸能プロ幹部)

 まさに“筋肉は裏切らない”である。

関連記事(外部サイト)