宮迫博之の闇営業シクジリで好機 お笑い“第7世代”の虎視眈々

宮迫博之らの闇営業問題でミキや霜降り明星ら"お笑い第7世代"に下克上のチャンスも

記事まとめ

  • ミキや霜降り明星、NON STYLE、プラス・マイナスが会見で闇営業問題について聞かれた
  • ミキ、霜降り明星、ハナコ、ゆりやんレトリィバァら"お笑い第7世代"はチャンスだそう
  • かつて反社との関わりで島田紳助氏が抜けた枠に、宮迫ら次世代の芸人たちが起用された

宮迫博之の闇営業シクジリで好機 お笑い“第7世代”の虎視眈々

宮迫博之の闇営業シクジリで好機 お笑い“第7世代”の虎視眈々

(左から)NON STYLEの石田、ミキの昴生、霜降り明星、プラスマイナス(C)日刊ゲンダイ

お笑いコンビ「ミキ」「霜降り明星」ら、吉本芸人26人が「ルミネtheよしもと ワラナツ2019〜令和の夏もおもしれいわ〜」の開催会見を同劇場で行ったのは9日のこと。

「ミキ」昴生(亜生はスケジュールの都合で欠席)と「霜降り明星」せいや&粗品、「NON STYLE」石田と「プラス・マイナス」岩橋&兼光が囲み取材に応じたが、やはり話題は闇営業問題について。

 代表で答えた“ももたろう”姿の石田は「若いうちから仕事をもらっているメンバーは(闇営業に)行く話は来ないので、(比較的売れている)ここにいるメンバーはそういう話は来てないんじゃないですか? (年齢の高い)プラス・マイナスさんは、ヒアリングは受けてると思いますが」と言って笑わせた。

“キャンペーン大使”の「ミキ」と「霜降り」は普段から仲が良く、昴生と粗品、亜生とせいやでツルんでいることが多いそうで、この世代は「お笑い第7世代」と呼ばれている。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「“お笑い第7世代”は、現在20代後半から30代前半で、芸歴10年以内程度の若手を指すようです。ウッチャンナンチャンやダウンタウンらの“第3世代”は有名ですが、実は4、5、6世代はハッキリせず、“お笑い第7世代”も厳密な定義はないんです。まあ、現段階での“次世代の注目の若手”という程度の意味ですね。ハナコやゆりやんレトリィバァ、EXITらも含まれるでしょう」

■進む世代交代

 ともあれ“注目の若手”は、現在、くだんの騒動でザワついているようだ。

「かつて反社との関わりで島田紳助が芸能界から抜けたスペースに、宮迫ら次世代の芸人たちが起用され、後釜に納まったり冠番組を持つようになりました。今回の騒動でも、すぐにではないかも知れませんが、世代交代は進んでいくでしょうね。下克上という言われ方をすることもありますが、新しい世代にとってはある意味、チャンスだと思います」(ラリー遠田氏)

 芸人6000人を擁し、ライバルとの争いが熾烈な吉本興業。会見で昴生は「下克上狙ってません。みんなで盛り上がっていきたいんですよ」と否定していたが、内心ほくそ笑み、虎視眈々の若手は多いはずだ。

関連記事(外部サイト)