世間が唖然…田口淳之介被告の“法廷公開プロポーズ”を心理学者が分析

世間が唖然…田口淳之介被告の“法廷公開プロポーズ”を心理学者が分析

田口淳之介と小嶺麗奈(C)日刊ゲンダイ

大麻取締法違反の罪で起訴された元KAT―TUNの田口淳之介(33)と小嶺麗奈(38)両被告の初公判が11日、東京地裁で行われ、「交際を続けていきたいと思っています。続けられるなら結婚したいと思っています」と言う小嶺に、田口被告が「僕も彼女と一緒で、続けていきたいと思います」と証言台でプロポーズし、世間を唖然とさせた。

 カップルで逮捕された場合、薬物と交際の関係性が深く、薬物を断つために破局を約束することが一般的なだけに、異例の供述である。精神医学的には薬物依存度は低いというが、心理学者の富田隆氏はこう分析する。

「田口さんは心理学でいう“演技性性格”が強いと思われます。ドラマチックな行動に走りがちで、“恋愛における誠実さ”を声高に語って薬物を断てると主張する『論点のすり替え』はとても幼稚。法を犯したから逮捕されたという大前提を把握していません。つまり、土下座やプロポーズも悲劇の主人公を演じるためのパフォーマンスで、謝罪しているわけではないのです」

 供述では田口被告がKAT―TUNで活動していた頃を含めた10年前から大麻を使用していたことも明らかに。ジャニーズブランドに泥を塗るばかりか、当時一緒に活動していたメンバーも容認していたのかと問題は拡散。小嶺被告と田口被告の“共依存”関係も問題視されている。

「自身の発言に配慮が及ばないのは自己中心的で社会性が欠如している証し。幼児性が強く、考え方が短絡的で小嶺さんにしか目が向いていない。そんな幼児性の強い田口さんは誰かに頼らざるをえないので、今後も小嶺さんに対する依存度は高い。公開プロポーズも彼女とその背景にいる支援者に対する忠誠を尽くしてみせたともいえるでしょう。医学的に薬物への依存性が低いとすれば、より本人の責任は高まります。社会性の欠如が目立ち、現段階では性格的に信頼できないといえます」

 田口被告の更生にはまだまだ時間がかかりそうだ。

関連記事(外部サイト)