「僕はイエス様が嫌い」上映拡大 奥山監督が語る映画の力

「僕はイエス様が嫌い」上映拡大 奥山監督が語る映画の力

奥山大史監督(提供写真)

海外映画祭のみならず、批評家筋からも絶賛の嵐が巻き起こった映画「僕はイエス様が嫌い」(奥山大史監督=23)。5月31日の公開から6週間以上が経つが、さらに全国へと上映館が拡大中だ。現在、JR代々木駅のホームには同作の“10連ポスター”が掲示中(21日まで)。「とかいって、バチがあたったらどうしよう。」など一枚一枚のコピーも自身で考えたという新進気鋭の奥山監督に話を聞いた。

「公開前と後では映画に取り組む考え方が大きく変わりました。それまでは映画は作品こそが全てで、誰か一人に向けて深く、今作でいえば亡き親友に捧げるという気持ちが強かったんです。でも、一般向けに劇場公開されたことでお金を払って作品を見てもらう“商品としての映画”ということを強く意識しましたし、宣伝、配給の重要性も痛感。海外も含めると既に延べ1万人以上の方に見ていただいたことで、深いだけでなく広く届けることができる映画の力を感じました」

■香港でも公開

 普段は広告会社でコピーライターとして働きながら二足のわらじを履く“サラリーマン監督”。作品は18日から香港でも公開され、現地ではニュース番組でも取り上げられるなど話題になっている。

 若き巨匠の次回作が楽しみだ。

関連記事(外部サイト)