ファンは歓喜も…ムロツヨシ「インスタグラム」復活の先に待つ試練

ファンは歓喜も…ムロツヨシ「インスタグラム」復活の先に待つ試練

ムロツヨシ(C)日刊ゲンダイ

〈ご無沙汰インスタ、ムロツヨシです〉

 俳優のムロツヨシ(43)が11日、約半年ぶりにインスタグラムを更新した。アザだらけのメイク顔をアップし、その後に続く文章はムロが主演を務めるテレビ東京系連続ドラマ「Iターン」の宣伝。〈祝 金曜深夜、初主演、みてやってください〉と締めくくっている。

 今年1月25日を最後にインスタの更新がなかったムロ。突然の復活にファンは〈待ってましたよー〉〈インスタライブも観たいです〉と大喜び。この復活投稿≠ノは17日現在で27万超の「いいね」が付き、コメント数も3000を超えている。

「昨年放送されたTBS系ドラマ『大恋愛』で、ムロはこれまでとは違うシリアスな役柄を演じ、女性ファンをさらに増やしました。当時はツイッターもインスタも頻繁に更新していましたが、例の親友$V井の一件以来、自粛していたようですね」(芸能プロ関係者)

 例の一件とは……今年2月に俳優の新井浩文被告(40)が強制性交容疑で逮捕されたこと。この報道が出た直後、新井被告へのメッセージと思われる文章をムロがツイッターに投稿。

〈この時に、呟かないような関係ではないんです〉〈目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります、嫌という程、叱ります、それだけです、〉〈だから俺は普段通り、これから飲みいってくるよ、来れそうだったら連絡してな、いってくるね、〉

 ムロはさらにその翌日、〈こっから、また、応援しよう〉とつぶやいた。

 サッカー日本代表とカタール代表戦が終了した直後だったため、〈サッカーの話だ〉と擁護したファンも多かったが、新井被告を擁護したと思ったユーザーも多く、〈被害者の気持ちをまったく考えてない〉などと、ムロのツイッターは大炎上。当の本人は2月4日にツイッターで〈この呟きは、アジアカップの決勝戦をみて、代表への思いでした 誤解を招くような呟きを反省して、謝罪させてください、申し訳ありませんでした〉と謝罪したが、なかなか鎮火できなかった。

 芸能ライターのエリザベス松本氏が言う。

「ムロさんはあの一件以来、ツイッターとインスタを休止。先に再開したのはツイッターで、4月28日に〈そろそろ呟こうかなぁ、と迷っている良い天気な昼間です、こんにちは、ムロツヨシです〉とつづっています。この投稿には8・3万件の『いいね』が付き、〈おかえりなさい、ずっと待ってました〉〈もう戻ってこないんじゃないかと心配だった〉などと、再開を待ち望んでいたファンの温かいコメントが殺到しました。いずれにせよ、しばらくSNSを休止したのは正解だったようですね」

 ファンの励ましは、芸能人にとっては何よりの宝。ムロも、ひとつひとつのコメントを噛み締めて読んでいるだろうが、これにて一件落着とはいきそうもない。

「2月21日に起訴された新井被告の裁判がまだ始まっていません。初公判の日程が発表されれば、また芸能マスコミが騒ぎ出すでしょうし、そうなると、親友のムロの話題も蒸し返されるでしょう。いくら熱烈なファンがかばってみせても、スポンサー企業あっての芸能人ですからね」(広告代理店関係者)

 もうひと山越える必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)