ラグビー元日本代表監督・平尾誠二さんの病名は胆管細胞がん 昨年秋から闘病生活か

記事まとめ

  • 53歳で死去したラグビー元日本代表監督・平尾誠二氏の病名は胆管細胞がんと発表された
  • 胆管細胞がんは手術を受けても5年生存率40%、手術ができない場合は、わずか10%という
  • 平尾さんは昨年秋から闘病生活を送っていたといい、約1年で亡くなったことになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております