駿河太郎「べしゃり暮らし」好演で“鶴瓶の息子”を返上する日

駿河太郎「べしゃり暮らし」好演で“鶴瓶の息子”を返上する日

駿河太郎(C)日刊ゲンダイ

劇団ひとり(42)の初の連ドラ演出で話題になっている「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系土曜夜11時15分)。原作は同名のコミックで、間宮祥太朗(26)と渡辺大知(29)が演じる高校生漫才コンビの奮闘と成長を描いているが、「なかなかいい味を出している」と業界内で評判なのが、駿河太郎(41)だ。人気漫才コンビの「ボケ」の方を演じている。

「笑福亭鶴瓶(67)の息子ですから、芸人の世界には通じているでしょうが、それにしても達者な演技です。主演の間宮の才能に期待しつつ、厳しく接する場面がたびたび出てくるのですが、演出の劇団ひとりから『怖すぎます』と言われたというほど、堂に入っています。駿河のひと癖ある芸人っぷりがドラマ全体の雰囲気を引き締めているし、駿河にも合っている」(テレビ誌ライター)

 駿河はもともとミュージシャンで、2003年に「taro」名義でメジャーデビューしたものの、さっぱり売れずにバイト生活だった。30歳の時に「東映映画大学」のオーデションに合格し、俳優に転向。

「父親の鶴瓶とは、13年にドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、11年と14年に『ヤマキ』のCMで共演しています。これまではどうしても“鶴瓶の息子”という印象が拭えませんでしたが、最近、役者の顔になってきた感じです」(ドラマ制作会社関係者)

 これまでドラマや映画に多数出演してきたが、昨年の「なめとんか やしきたかじん誕生物語」(関西テレビ)で初めて、ゴールデン帯(夜7〜10時)のドラマで主演。遅咲きの駿河が、ひと皮むけそうな予感だ。

 コラムニストの桧山珠美氏も「『べしゃり』をきっかけに実力派の仲間入りをするかもしれません」と、こう続ける。

「松重豊さんや遠藤憲一さんのように、脇を固める名バイプレーヤーの素質を感じます。実際、10年のNHK大河『龍馬伝』でのシリアスな演技から、15年『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』(テレビ東京系)でのコミカルな演技まで、幅広い役をこなしています。『べしゃり』では人気芸人役ですが、違和感はありません。11年のNHK朝ドラ『カーネーション』あたりから、“鶴瓶さんの息子さん”として広く知られるようになりましたが、下積みを経験しているので、“ゴリ押しの2世”感はない。視聴者ウケもいいのではないでしょうか」

 駿河本人いわく「格闘家顔」らしいが、桧山珠美氏に言わせると違うようだ。

「演技力はもちろんですが、“ネーティブな関西弁”と父親譲りの人懐っこい顔。柔和な印象の人ほど、殺人鬼などを演じると、逆によりリアルな怖さを表現できます。幅広い役を演じるのに適した顔でしょう」

 人気芸人ならぬ人気俳優になる日も近そうだ。

関連記事(外部サイト)