滝クリは官邸と地元で衣替え 結婚会見“紅白”衣装への憶測

滝クリは官邸と地元で衣替え 結婚会見“紅白”衣装への憶測

紅白衣装の滝川クリステル(夫の小泉進次郎議員と)/(C)共同通信社

【芸能界クロスロード】

 昔の芸能界の結婚発表には華があった。世間の関心も高くメディアも大きく取り上げていた。金屏風を前に2人がなれ初めからプロポーズまで語る。お決まりの婚約指輪を見せると、フラッシュが一斉にたかれ最高潮に達する。忘れかけていた昭和の光景を見せてくれたのが6月に会見した山里亮太・蒼井優だった。

「結婚発表もファンへの感謝の気持ちを含めた芸能人の務めでした。結婚後にもいい影響を与えたものです」(芸能関係者)

 令和になっても御利益は変わらず。山里・蒼井の好感度は上がり、結婚特需で仕事の伸び率は目を見張るものがある。

「美女と野獣」と揶揄(やゆ)されながらも、まさかの夫婦誕生に一時は話題を独占していたが、さらなる大物カップルが誕生した。8月7日、小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナの滝川クリステル(41)の電撃結婚が発表された。

 1年近い交際は2人で外出することのない極秘に徹底したものだった。すでに滝クリは妊娠。最近は“デキ婚”ではなく“授かり婚”と呼ぶそうだが、出産予定は来年1月。安定期に入ったことで「計算じゃなくて今日だなあ」と小泉が言う唐突な発表日だった。「当人にとっては過去の話など余計なことを書かれる週刊誌がお盆の合併号。翌週まで出ないタイミング」といわれている。

■自らを祝福か

 驚きは続く。2人が会見場に選んだのは首相官邸。安倍首相が囲み取材を受けるお馴染みの場所に小泉と滝クリが立ち結婚報告会見。

「小泉1人ならともかく、彼女も一緒ということに違和感があった」という声も少なくない。確かに、官邸なら小泉1人。2人一緒ならホテルなり会場を用意するほうが自然。官邸に立つ滝クリも心得たように、トレードマークの「斜め45度」並みの角度で下がっていた。話も場慣れした小泉が主導権を握り、滝クリは控えめ。本来のフリーアナらしさに戻ったのは、横須賀の小泉の実家の門前で受けた夜の会見だった。滝クリは口も滑らかに終始笑顔。結婚報告を地元で開くのは政治家らしいとはいえ、1日2カ所は異例。その分、世間のチェックもさまざま。結婚会見に高い関心を示す女性からは、こんな指摘も多く聞かれた。

「昼は白の服で夜は赤のパンツスーツ。まるで“紅白”の衣装で自ら祝福しているように見えた」

 やっかみが出るのも過去の恋愛に起因する。滝クリは世界的な指揮者・小沢征爾の息子で俳優の小沢征悦と熱愛。結婚話も流れたが破局。「いざ結婚となると煮え切らない征悦に滝クリが諦めた」といわれている。次に選んだのが元首相・小泉純一郎を父に持つ政治家のサラブレッド。極秘もうなずけるが、「今にして思えば」という心当たりはあるもの。

「来年の五輪に向け各局ともキャスターが続々と内定しているなか、誘致の功労者である滝クリの名前が挙がってもおかしくないのに、ほとんど聞かなかった。小泉との交際で仕事は白紙にしていたのでは」(テレビ関係者)

 射止めた相手が「将来の総理候補」ともいわれる小泉。来年の五輪よりももっと先にある将来に目が向いていたとしても不思議はない。フジテレビ系列の制作会社のアナウンサーとして入社した滝クリ。局アナよりもスタートは遅れたが、結婚というゴールでは最高の結果を達成。次は「理想的なファーストレディー」と期待される高みを目指す。

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)