消滅は今年3月なのに…TBS「2時間ドラマ」来年復活の狙い

消滅は今年3月なのに…TBS「2時間ドラマ」来年復活の狙い

TBS(C)日刊ゲンダイ

1989年から30年間続いた2時間ドラマ枠「月曜名作劇場」(TBS系)が今年3月に終了。最盛期に月30本放送された2時間ドラマがテレビから消えてしまった。

 2017年3月に亡くなった渡瀬恒彦から内藤剛志にバトンタッチした「十津川警部シリーズ」、平岡祐太が主演を務める「浅見光彦シリーズ」などは根強いファンがいただけに、2時間ドラマの終了はファンにとって残念なニュースとして大きく取り上げられた。

「2時間ドラマが次々と終了したのはコストの問題でした。ロケが必要で、撮影期間も長いため、1本当たりの制作費が約6000万円もかかってしまう。それでも視聴率が10%を超えることが減ったため、コスパが悪いとみられるようになってしまいました」(ドラマ関係者)

 もっとも、高齢化社会を迎えて、2時間ドラマのニーズはむしろ高まっている。高視聴率が見込めなくても、確実に番組を見てくれるコア層も存在する。そこで、TBSは早くも来年4月からBS―TBSで2時間ドラマを再開することを決めたという。

「若手俳優を積極的に起用するなどして、予算を4000万円程度に抑える方針のようです。それでも視聴率が稼げるようだったら、地上波での復活も視野に入ってきます」(TBS関係者)

 復活第1弾はどんな作品が放送されるのか。

関連記事(外部サイト)