新悪女クイーン水野美紀「奪い愛、夏」で見せる怪演と菜々緒との違い

新悪女クイーン水野美紀「奪い愛、夏」で見せる怪演と菜々緒との違い

水野美紀(左)と菜々緒(C)日刊ゲンダイ

〈ゾクゾク感、ハラハラ感がたまらない〉〈怖すぎる〉〈振り切れてる〉……AbemaTVオリジナルドラマ「奪い愛、夏」(木曜夜11時)での水野美紀(45)の怪演に、称賛の声が上がっている。

「マッチングアプリ会社社長の水野と、広報部で働く小池徹平、松本まりかのドロドロの愛憎劇です。ネット配信ということもあり、ベッドシーンや、水野の狂気じみた悪女っぷりは、2年前に放送された倉科カナ主演の『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)よりも過激になっています」(テレビ誌ライター)

 今年の「“悪女”が似合う女優ランキング」(オリコン)の1位は菜々緒(30)で、水野はランク外だが、菜々緒のお株を奪う勢いなのだ。

「水野は織田裕二主演の『踊る大捜査線』(1997年=フジテレビ系)に出演し、一気に人気女優の仲間入り。女性警官役でレギュラー出演していましたが、2005年の独立を機に、めっきり露出が減り、10年公開の映画版『踊る――』の第3作にも出演していません。清純派として売りたい事務所側と、舞台を中心にアクション女優としても活動したい水野との間に溝ができたからといわれています」(芸能プロ関係者)

 再浮上のきっかけは、12年公開の映画版「踊る―」最終作への出演。それ以降、再び露出が増え始め、現在の再ブレークに至っている。

「かつて爽やか路線で売っていた水野ですが、舞台などでいろいろ苦労も重ね、女優としての厚みを増した。悪女役も板についています。悪女といえば、昨年の『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)に主演した菜々緒というイメージが強いですが、『奪い愛、夏』は、それを覆すほどの怪演ですね」(前出のテレビ誌ライター)

 コラムニストの桧山珠美氏も「水野さんと菜々緒さんでは、人間的な強さの感じ方が違います」と、こう続ける。

「水野さんは92年に格闘ゲーム『ストリートファイターU』のCMに、中国人の格闘家役として出演しています。当時はアクション女優として活躍した志穂美悦子さんの再来などと言われていました。独立のゴタゴタで挫折も味わい、肝が据わっている。結婚、出産も経験しています。肉体的にも精神的にも底を知っている強さを感じますね。今回の『奪い愛、夏』はアドリブが多いようですが、過去の経験が脚本以上の演技に生かされています」

 一方、菜々緒はどうか。

「菜々緒さんは脚本ありき、どうしてもビジュアル面が先行し、悪女役を楽しんで演じているようには伝わってこない。スキャンダルなど私生活のキズが少なく、内面から来る怖さが足りません」(桧山珠美氏)

 新悪女クイーンの誕生か。次回のランキングが楽しみだ。

関連記事(外部サイト)