スバル座閉館前に…歴代最多動員記録の主演俳優P・フォンダ氏逝く

スバル座閉館前に…歴代最多動員記録の主演俳優P・フォンダ氏逝く

映画「イージー・ライダー」(主演のピーター・フォンダ)/(C)ゲッティ=共同

米国のスター俳優、ピーター・フォンダさんが8月16日に亡くなった。享年79。彼の代表作にして、アメリカン・ニューシネマの傑作「イージー・ライダー」(1970年=日本公開)で一世を風靡した。

 思い出したことがある。筆者が高校1年生のときだ。故郷の浜松で「イージー・ライダー」を見に出掛けたのだが、映画館前にズラリと並んだバイクの列に仰天した。多くのとっぽいあんちゃんたちが、映画に登場したようなギンギンのバイクで乗り付け、映画を見に来ていた。ポンポン(地元ではバイクの意)の街として知られる浜松ならではの光景だった。

 アメリカン・ニューシネマというと、筆者のような理屈っぽい映画こだわり派が好んだものだが、「イージー・ライダー」は例外だ。大ヒットした理由はバイクで駆け付けた彼らだけでなく、実に幅の広い客層に支持されたからだろう。

 ちなみにこの作品は、今年10月に閉館が決まった都内の老舗ミニシアター、有楽町スバル座の歴代最多動員記録作でもある。公開23週間で何と約18万人を動員したのだ。

 フォンダさんは、歴史あるスバル座の大貢献者だった。彼が同館閉館の年に亡くなるとは、何とも不思議な因縁といわざるを得ない。フォンダさんは、優しげな口元に特徴があり、比較的薄い色のサングラス姿がさまになる俳優だった。反体制派なのに、その薄い色のサングラスのままに妙な気負いなどまるで感じさせなかった。静かなたたずまいは、ときに切れ味抜群の刀をいつでも抜く用意のある、日本の侍のように見えたものだ。

 スバル座は閉館記念の一本として、本作を上映するという。彼の姿をスバル座のスクリーンで見れば、筆者は確実に泣いてしまうだろう。

関連記事(外部サイト)