日テレ24時間マラソン なぜ走者はポッチャリ女性芸人ばかりなの?

日テレ24時間マラソン なぜ走者はポッチャリ女性芸人ばかりなの?

(左から)近藤春菜、いとうあさこ、ガンバレルーヤのよしこ(C)日刊ゲンダイ

「24時間テレビ42」(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーをお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が務めることが先日、明らかになった。これで、お笑い芸人のいとうあさこ(48)、ガンバレルーヤのよしこ(28)に次いで3人目。今年は4人の走者がフルマラソン(42.195キロ)でタスキをつなぐ駅伝方式で、残る1人は当日発表される予定だ。

 近藤は10日放送の「嵐にしやがれ」(日テレ系)で、「太っていても運動ができるということを見てほしいし、自分もそのことを理由にできないとは言いたくない」と語ったが、それにしても、今回のランナーは3人とも揃いも揃ってポッチャリ体形だ。

 昨年のみやぞんはトライアスロンでトータル161.5キロを33時間で完走したものの、酷暑の中、1人で100キロ以上を走らせたことには心配とともに批判の声も上がった。今回は負担を減らすという意味で駅伝方式にしたのだろうが、本当に大丈夫なのか。

 2年前にチャリティーランナーを務めたブルゾンちえみは、学生時代は陸上部の長距離選手だった。昨年のみやぞんは、元高校球児で趣味は格闘技。今年のメンバーの人選について、日本テレビ関係者も首をかしげる。

「昨年のみやぞんさんは基礎体力もポテンシャルも高いうえに、完璧にコンディションを整えて本番に臨みました。それに比べて、今年の3人はアスリート体形とはかけ離れたポッチャリ体形。本当に完走できるのか疑問です。いくら番組やチャリティーのためとはいえ、立場上オファーを断りにくい彼女たちを走らせることに、正直、『企画として際どい』という感想を抱く局員も少なくありません」

 言うまでもなく、3人は日テレの高視聴率番組を牽引するドル箱タレントだ。しかし、いとうとよしこが出演する「世界の果てまでイッテQ!」は、昨年の週刊文春が報じた“ヤラセ疑惑”に始まり、独走していた視聴率も他局に抜かれてしまった。

■「イッテQ!」でスカートの中が見える映像も

 さらに5月28日には、みやぞんが「イッテQ!」のインドでのロケ中に左足首を骨折するというアクシデントに見舞われた。つい最近の放送では、よしこのスカートの中がボカシも入れられず丸見えのまま放送されたことにネットが反応。「下品」とか「見たくない」という声以上に、「芸人とはいえ、女性なのにひどい」「かわいそうで見ていられない」といった声も多く寄せられていた。

「そもそも『イッテQ!』の女性レギュラー陣は男性出演陣に比べて、過酷なロケが多いという印象です。特に『温泉同好会』では、酷寒の中、凍てつく湖に入ったり、裸になったり、スタッフの要求を断りにくい雰囲気が伝わってきます。それを不快に思う視聴者も中にはいるでしょう。一体いつまでこういう企画が続くのかと思っていたら、今回のランナー3人の人選ですから、正直、笑えません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 一方の近藤も、レギュラー出演する「スッキリ」(日テレ系)で、闇営業に関する吉本興業の対応に関して積極的に意見を述べていた。結局、MCの加藤浩次が吉本への残留を宣言したことによって、ハシゴを外された形になったが、15日に都内で行われた映画のプレミアイベントに登場し、「会社とはちゃんと話し合って正攻法でいこうかなと思っている」と発言。その真意は不明だが、トーンダウンしたことだけは確かだ。

「いとうは視聴率低下の責任も含めて、女性レギュラー陣のリーダーであるという責任感が強い。マラソンメンバーを引っ張っていく力もあるので、頼まれたら断れません。よしこは『イッテQ!』女性陣の一番若手。いとうに続かないわけにはいかない。近藤も吉本問題で世間を騒がせた責任を感じていることでしょう。断りたくても断れない事情がそれぞれにあるのです」(前出の弘世一紀氏)

 さらに、チャリティー番組特有の事情もあるのだと、前出の日テレ関係者はこう教えてくれた。

「チャリティー番組ですから募金を集めるのが本来の目的です。マラソンを走り慣れているイメージの薄いタレントが、苦しそうな表情を浮かべながら走る映像が流れると、募金額が増えると言われています。今回の3人は全員ポッチャリ体形で、視聴者にとって親近感もある。特に、よしこは昨年末に脳腫瘍を患い、一時休養していました。そんな彼女がタスキをつなぐことができれば、リアルな感動も演出できる。『イッテQ!』にとっても、大きな収穫となります」

 日テレのために過酷なレースに臨む女芸人が気の毒になってくる。

関連記事(外部サイト)