視聴率低迷で業績悪化にあえぐフジテレビが大型人事を固めるも、事実上“日枝院政”か

記事まとめ

  • 業績悪化にあえぐフジテレビは亀山千広社長と日枝久会長の退任など、人事を固めた
  • 日枝氏は代表権がなくなるとはいえ実権を握り続け事実上“日枝院政”が敷かれるという
  • 「亀山社長は『笑っていいとも!』打ち切りなど変えようという姿勢はみせた」と評価も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております