“梨園No.1モテ男”中村七之助に同棲報道も結婚は海老蔵待ち

“梨園No.1モテ男”中村七之助に同棲報道も結婚は海老蔵待ち

中村七之助(C)日刊ゲンダイ

歌舞伎役者の中村七之助(36)が同棲していたことを発売中の「女性自身」が報じている。お相手は2014年8月に交際が報じられた一般女性で、これまでも17年8月に彼女の元に通う姿や、同年9月に波照間島での極秘旅行がスクープされている。

 七之助といえば今や梨園きってのモテ男。15年にはタレントのトリンドル玲奈(27)との交際が報じられたことも。しかしながら今の彼女に関しては、交際当初から実家に連れて行き、「ずっとそばにいて欲しい」とほぼプロポーズしたも同然の間柄で、同棲してすでに2年。年齢的にも適齢期だが、それでも結婚しない理由として海老蔵の存在があるという。どういうことかというと、来年、海老蔵の市川団十郎襲名披露興行が数カ月にわたり行われ、その後、東京オリンピックも開催。歌舞伎役者たちは開会式や閉会式などにも駆り出されるため、再来年以降でないと挙式は行えないというのが歌舞伎界の暗黙のルールだというのだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「中村屋のご家族公認とあらば、この期間を結婚までの猶予期間ととらえ、七之助さんのために歌舞伎を勉強したり、梨園を外から見ることが妻になった時に生きるはず。お相手の女性は七之助さんにも意見ができる凛とした方だそうで、お父様の中村勘三郎さんを支えてきたお母様の好江さんとも似ている。色男だった勘三郎さんの遺伝子が色濃い七之助さんには適任なのでは」

 歌舞伎界は海老蔵の襲名披露後も慶事が続きそうだ。

関連記事(外部サイト)