松居報道いつまで TV局の卑しさ突いたカンニング竹山の苦言

松居報道いつまで TV局の卑しさ突いたカンニング竹山の苦言

着地点はあるのか…?(C)日刊ゲンダイ

 松居一代と船越英一郎の泥沼離婚劇は松居のSNS“動画攻撃”で収拾不能になっているが、テレビの報道に疑問を感じている人もいるだろう。芸能人同士とはいえ、あまりにプライバシーに関わる問題を暴露しまくることを、公共の電波が取り上げるのはいかがなものかというのもあるが、この騒動への一般の疑問をズバリ指摘したのが19日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演したカンニング竹山だ。

「病気のおばさんをいじっちゃダメだって、病気なんだから!」「カウンセリングに連れて行かないと何もならない」「本人は喜んじゃってる」と語ったのだ。ここにきて騒動をちゃかしている番組もあり、竹山のコメントに「その通り」と納得した向きも多いはず。

 それとともに騒動を扱う局、まったく取り上げない番組などの違いも鮮明になっている。聞いてみるとある局のスタッフは「なぜ、取り上げているのかわからない。うちで取り上げる場合、関係者の誹謗(ひぼう)中傷になることはやるなと言っている」と語る。また、テレビ朝日は「番組の制作過程につきましては、従来お答えしておりません」(広報部)というコメントだ。

 積極的なのは「情報ライブ ミヤネ屋」(日テレ系)と「バイキング」(フジ系)などで「ミヤネ屋」の制作は読売テレビで、日テレとしては離婚に関する事実報道程度にとどめているようだ。

 松居はテレビ批判まで展開。ますます報道がヒートアップしかねない状況だが、視聴率を稼ぐために、何でもありが続くのか。

関連記事(外部サイト)