山口智子がいい味 大根監督版「ハロー張りネズミ」の魅力

山口智子がいい味 大根監督版「ハロー張りネズミ」の魅力

探偵事務所の所長役(C)日刊ゲンダイ

コラム【TV見るべきものは!!】

  瑛太主演のTBS系連続ドラマ「ハロー張りネズミ」。弘兼憲史の原作漫画は80年の作品だ。何度か映像化されているが、再び実写で見られるとは思わなかった。しかも演出・脚本は、「まほろ駅前番外地」(テレビ東京系)や「リバースエッジ 大川端探偵社」(同)の大根仁監督である。

 あかつか探偵事務所は東京・下赤塚(東武東上線)にある。所長の風かおる(山口智子)、調査員の七瀬五郎(瑛太)と木暮久作(森田剛)。3人だけの小さな所帯だ。大手が請け負わない「こぼれ仕事」や「汚れ仕事」が回ってくる。

 第1話に登場したのは交通事故で娘を失った男(伊藤淳史)。同じ事故で危篤状態の妻に、娘の元気な姿を見せたいというのが依頼だ。五郎たちは、その娘によく似た女の子を求めて奔走する。また第2話では、自殺した父親(平田満)の汚名をそそごうとする娘・四俵蘭子(深田恭子)が現れた。こちらは前後編で、爆破シーンもある豪華版。深田の“謎の美女”ぶりも楽しめる。

 瑛太はいつもの瑛太だが(いや、そこがいいのだ)、森田と山口は大根演出のおかげで、再評価したくなるような“いい味”を出している。さらに情報屋がリリー・フランキー、父親の右腕だった男が吹越満といったキャスティングも効果大だ。猥雑さや品のなさを作品のエネルギーに転化させる、“大根マジック”全開の一本となっている。
(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

関連記事(外部サイト)