“西のカトパン”ヒロド歩美アナ 全国進出はフリーへの布石?

『西のカトパン』ABC朝日放送のヒロド歩美アナ、東山紀之をサポートする大役に

記事まとめ

  • ABC朝日放送のヒロド歩美アナウンサーは『西のカトパン』と呼び声高いという
  • テレビ朝日系の報道情報番組『サンデーLIVE!!』に起用されることが決定した
  • キャスターに初挑戦する少年隊の東山紀之をサポートする大役を担う

“西のカトパン”ヒロド歩美アナ 全国進出はフリーへの布石?

“西のカトパン”ヒロド歩美アナ 全国進出はフリーへの布石?

フリーへのカウントダウン開始?(C)日刊ゲンダイ

 人気と実力の両面で「西のカトパン」と呼び声高い。ABC朝日放送(大阪)の若手ホープ、ヒロド歩美アナウンサー(25)がテレビ朝日系の報道情報番組「サンデーLIVE!!」(10月スタート、日曜5時50分〜)に起用されることが決まった。同番組はテレ朝、朝日放送、メ〜テレによる共同制作で、日曜午前帯に新設される秋改編の目玉のひとつ。入社4年目でABCの「顔」が大抜擢された。

 すでに「熱闘甲子園」のキャスターなどで全国ネットデビューを果たしているヒロドアナだが、ニュース番組は初めて。しかも、同番組でキャスターに初挑戦する少年隊の東山紀之(50)をサポートする大役を担うのだ。現在は、関西ローカルの朝の情報番組「おはよう朝日です」(平日6時45分〜)の曜日キャスターや、「朝だ!生です旅サラダ」(土曜8時〜)にレギュラー出演中。スタジオの外でもプロ野球や甲子園の現地取材もこなすチョー多忙な日々を送っている。

 それに加え、10月からはテレ朝局内での早朝の生放送が始まる。前泊での東京入りは確実だろう。 しかも、「従来のレギュラー番組は引き続き出演予定」(朝日放送宣伝部)となれば、近い将来、会社を辞めてフリーという形式の“働き方改革”の検討をするようになってもおかしくはない。最近でいえば、元読売テレビの川田裕美(34)がフリーに転身し、バラエティー番組のひな壇を飾ったり、NHKの音楽番組のMCを務める売れっ子となった。

■先輩“看板アナ”は鳴かず飛ばず

 この勢いに乗っかってメジャーを視野に入れ、新番組を足がかりに東京進出を考えてもよさそうだが、「そう甘いものではない」と人さし指を左右に振るのは某芸能事務所幹部だ。こう続ける。

「それこそヒロドの先輩にあたるABCの看板アナだった堀友理子は12年にフリーになってから、ずっと鳴かず飛ばずだし、毎日放送からセント・フォースに移籍した吉竹史も結局、ローカル止まり。ここ数年で関西圏出身の局アナで成功しているのは川田アナぐらいなんですよ。在京キー局出身者だけでも飽和状態のところに、正直、入る隙がない。ローカルのハンディキャップは想像する以上にデカいのが現状です」

関連記事(外部サイト)