ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来

ミス・ジャパン初代女王に冷たい視線…土屋太鳳の姉・炎伽を待つ不穏な未来

妹・土屋太鳳のコネなんて声も…(C)日刊ゲンダイ

今年から新たに開催されたミスコンテスト「ミス・ジャパン」。公式HPによると、〈国内のミスコンテストの決定版として、この度、新しく開催する年間のページェント〉だそうで、紛らしいが「ミス・ユニバース・ジャパン」とは別物だ。

 9月12日、日本大会が都内で開催され、栄えある「ミス・ジャパン」初代女王には、東京都代表の土屋炎伽さん(27)が選ばれた。炎伽さんは現在都内の企業に勤務する会社員で、富士通のチアリーディング部に所属。「ミス・ジャパン」出場以前から「美しすぎるチアリーダー」としてファンも多く、業界では有名な存在だったという。

 さて、この炎伽さん、女優の土屋太鳳(24)の実の姉。6月3日に開催された「ミス・ジャパン東京大会最終選考会」には、太鳳と弟で声優の土屋神葉(23)も会場に駆けつけ、姉のファイナリスト選出を祝福。きょうだいの3ショットもマスコミに披露した。

「最終選考結果がメディアで報道された時から、ネット上には〈妹のコネじゃないのか〉なんていうあらぬ噂が多数まき散らされました。というのも、炎伽さんは身長155センチと、ミスコンに出るにしてはかなり小柄で、当時26歳と、ミスコン参加者としては比較的年齢も高い。加えて、東京大会の審査員の中に、ホリエモンや太田光の妻で事務所社長の太田光代、柔道の井上康生など、『ミスコンで、この審査員?』と謎のメンツが揃っていたことも、『誰をファイナリストにするか、忖度があったのでは?』という声が出るきっかけになりました」(芸能プロ関係者)

 そして見事女王の座を射止めたことから、このコンテストは〈炎伽さんを鳴り物入りで芸能界にデビューさせるために仕組まれた出来レースではないのか〉なんて、にわかには信じがたい“疑惑”まで、ネット上でささやかれ始めている。

 口さがない連中は〈出来レースで選ばれて嬉しいのかな?〉〈最初から決まっていた感ありありで、素直におめでとうって言いにくい〉〈女王に選ばれた後で土屋太鳳の姉だと告白した方が、まだ好感が持てた〉などなど好き勝手に書き込み、グランプリ獲得を冷ややかな目で見る向きがネット上では支配的だ。

 芸能ライターのエリザベス松本氏が言う。

「炎伽さんは芸能界入りについて明言はしていないものの、インタビューで『(太鳳と)仕事で関わって、相乗効果ですばらしい活躍ができれば』と含みを持たせた言い方をしています。ただ、妹の太鳳さんは『あざとい』『いい子ぶりっこ』と、同性からの人気が低いのが現状。妹に便乗して芸能界で人気者に、というのはちょっと厳しいでしょう。まだデビューもしてない段階でこんなにも叩かれてしまっている炎伽さんを、応援するファンが現れるかどうか。真偽はさておき、世間はコネでゴリ押しという芸能界のイメージを嫌悪するようになってますからね」

 キムタク(46)と工藤静香(49)の娘Koki,(16)のように、やることなすこと叩かれてしまう存在にならなければいいのだが……。


関連記事(外部サイト)