軍用地を運用 “資産1億円”今井絵理子議員の手堅い財テク

【今井絵理子参院議員の不倫報道】沖縄の「軍用地」運用で資産総額は約1億円

記事まとめ

  • 今井絵理子氏が週刊新潮に"略奪不倫"をすっぱ抜かれたが「一線は越えていない」と否定
  • 公開している「資産等報告」によると、今井の資産総額は約1億で、軍用地だという
  • 私有地を軍用地として国が借り上げるため、土地を持っていれば借地料が年に1回入る

軍用地を運用 “資産1億円”今井絵理子議員の手堅い財テク

軍用地を運用 “資産1億円”今井絵理子議員の手堅い財テク

資産運用では“堅実派”だった/(C)日刊ゲンダイ

 資産形成に関しては意外と手堅いらしい――。「週刊新潮」に“略奪不倫”をすっぱ抜かれた今井絵理子参院議員(33)。

「一線は越えていない」と、ドロ沼不倫をかたくなに否定しているが、“道ならぬ恋”とは裏腹に、堅実に資産を運用しているようだ。

 公開している「資産等報告」によると、今井の資産総額は約1億円。それが、ナント沖縄県の「軍用地」なのだ。

 私有地を軍用地として国が借り上げるため、その土地を持っていれば、借地料が年に1回、国から入る。国が払うとなれば、未払いや滞納もなく、安心なため、軍用地の購入は資産運用の一つとして人気がある。

 今井の持っている土地を調べてみると、那覇基地に337平方メートル、嘉手納基地に815平方メートルといった具合だ。前者には約4800万円、後者には約5000万円の資産価値があり、年間借地料は計約250万円となる。国会議員の年平均所得は約2500万円。借地料と合わせて、年収は約3000万円に上る。

 恋は手堅くいかなかったのだろうか……。


関連記事(外部サイト)