ファンぬか喜びか 元SMAP番組存続はジャニの温情にあらず

香取慎吾のフジ『おじゃMAP!!』など、元SMAP3人の3番組が継続も、次の改編で終了か

記事まとめ

  • 『おじゃMAP!!』など、元SMAP香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3番組が10月以降も継続
  • しかし、草なぎが出演の『ヤマサ醤油』CMは終了し、香取がMCの『スマステ』も終了する
  • 意に沿わないと切捨てるのがジャニーズで、次の改編で番組終了する可能性は高いという

ファンぬか喜びか 元SMAP番組存続はジャニの温情にあらず

ファンぬか喜びか 元SMAP番組存続はジャニの温情にあらず

寛容になったわけではない(ジャニーズ事務所)/(C)日刊ゲンダイ

 9月8日でジャニーズ事務所を辞める元SMAPのメンバー3人について、先週末のスポーツ紙各紙が全く同じ内容の記事を報じた。香取慎吾(40)の「おじゃMAP!!」(フジ)など、3人がレギュラーを務める3番組が10月以降も継続されることがわかった、というのだ。

 スポニチによると、テレビ局とタレントとの出演契約は事務所との間で結ばれ、移籍の際には一度見直されるのが通例だが、元SMAPメンバーにおいては、ジャニーズがタレント本人たちとテレビ局側の意向を尊重する方針を示しており、局側の判断が待たれていた。サンスポはこの「意向」について3人が6月にジャニーズ退社を発表した際、ジャニー喜多川社長(85)が発した「どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません」にあるとし、このコメントが後押しになったようだ、としている。

 大手芸能プロを辞めたタレント、とりわけ元ジャニーズはどれほど売れっ子であろうと最低2年間は民放から干されるといった業界の掟や不文律が伝えられる。ところがスポーツ紙の今回の記事では、元SMAPにはそうした掟が適用外で、ジャニーズが功労者に対する温情措置として今後の活動を後押ししているような印象である。では、ジャニーズは寛容になったのか。複数の関係者に質問すると、その答えは「否」――。

「今回の記事、さらにテレビ局の番組継続の決定もジャニーズの意向抜きには成り立ちません。記事を書いている記者も、出演者のキャスティングを決定している編成スタッフもジャニーズ担当ですから、どちらも事務所の意向を忖度し、内々にお伺いを立て、了承を得たのでしょう」と、口を揃えるのである。つまり、元SMAPの動向は世間にも注目され、ファンも多いし、これまでのように独立と同時に干すのはさすがにマズイ……。だからといって、今後も3人をバックアップするかといえばこれもまた「否」である。

 ジャニーズに詳しいあるマスコミ関係者がこう補足する。

「SMAPの分裂独立騒動の発端を思い出してください。メリー喜多川副社長がチーフマネジャーを週刊文春との取材の場に呼び出し、『SMAPを連れて出ていきなさい』と通告したのがきっかけでしたよね。国民的人気のSMAPでさえ、意に沿わないタレントなら切り捨てるのがジャニーズの流儀。メンバーはそうした体質を痛いほど知っているから、今はともかく、今後、稲垣吾郎(43)ら3人は干されることを前提に進路を考えています」

 折しも、31日のスポーツ紙では、香取がMCを務める「スマステ」(テレ朝)が9月いっぱいで終了することと、草なぎ剛(43)が出演していた「ヤマサ醤油」のCMが6月末で終了していたことが明らかに。

 かつてのドル箱スターも年を取って落ち目になればポイ捨て。保障もなにもあったもんじゃない。次の改編のタイミングで番組が終わる可能性は非常に高く、ぬか喜びに終わりそうだ。

関連記事(外部サイト)