ますおか岡田の長男デビューに“元芸人”ステージママの影

ますおか岡田の長男デビューに“元芸人”ステージママの影

ブログでも息子と一緒(岡田祐圭オフィシャルブログから)

 娘の岡田結実(17)に続いて息子まで……。お笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右(48)の長男、岡田隆之介(19)が本格的に俳優デビューすることになった件。

 幼少期からモデルとして活動し、「家政婦のミタ」(11年)や映画「暗殺教室」(15年)などに“その他大勢”のひとりとして出演していたが、二十歳を目前に身の振り方を決意したのだろう。心機一転、橋本マナミ(32)などが所属する芸能事務所「アービング」へ移籍したというわけだ。

 ひと足先に結実が活躍していることもあって新たな“2世兄妹”の誕生と話題だが、早くも心配する声が上がっている。不祥事続きで2世タレントへの風当たりが強いこともあるが、それだけじゃない。むしろ、岡田家のある事情が懸念材料になっているという。

■「使えるものは使いなさい」のスタンスで衝突も

 さる芸能関係者の話。

「岡田の嫁の祐佳(42)が、熱心なステージママで必要以上にシャシャリ出てくるんです。これは結実の話ですが、娘の芸能界入りをよく思っていなかった岡田は“父親の名前を使わずに活躍できないとダメだ”と諭し、親子関係を非公表にして活動させていました。岡田はああ見えて、職人気質で真面目な性格ですからね。一方、祐佳のほうは“使えるものは使いなさい!”とハッパをかけ、娘のオスカープロモーションへの移籍を誘導。岡田の娘として売り出し、『大学までは通わせる』という夫の条件も無視して仕事をさせまくっていた。結実は高校すらまともに通えず、留年の危機に。岡田は嫁と相当、やりあったそうです」

 岡田の意向により、父と結実の共演NGは業界では知られた話だが、祐佳との足並みはさっぱり合わないようで……。

「祐佳はその真逆で、“仕事をたくさん入れてください! 私も出演できるのであれば出ます!”と母娘セットで売り込んでくる。自分も今年からタレント活動を再開させたため、露出を増やしたいのでしょう。それでもさすがに娘のバーターは難しいと悟った祐佳が、息子に乗り換えたんじゃないかともっぱらです」(前出の芸能関係者)

 早速、昨1日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で母子共演を果たしたが、息子以上に目立ち、シャシャリ出ていたのもうなずける。

 芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「その昔インタビューした田村正和は、父の阪東妻三郎とは“怖くて口がきけなかった”と振り返っていましたが、田村はじめ、佐藤浩市や高嶋兄弟といった2世が活躍し続ける理由のひとつは、親の厳しさを見てきているから。最終的には本人の素質次第ですが、中身の伴わないパッケージ売りが長く続くほど芸能界は甘くないですよ」

 岡田家の未来はいかに……。

関連記事(外部サイト)