テレ朝「橋下×羽鳥」9月終了 放送開始からわずか1年半

橋下徹氏と羽鳥慎一アナがMCを務めるテレビ朝日系『橋下×羽鳥の番組』が来月終了

記事まとめ

  • 橋下徹氏と羽鳥慎一アナがMCの『橋下×羽鳥の番組』が9月いっぱいで終了すると判明
  • 改編に伴うもので後継番組のMCには極楽とんぼの加藤浩次らの名前が挙がっているという
  • 橋下氏の所属事務所は「解散総選挙をにらんだ動きではありません」と説明した

テレ朝「橋下×羽鳥」9月終了 放送開始からわずか1年半

テレ朝「橋下×羽鳥」9月終了 放送開始からわずか1年半

MCを務める橋下氏(右)と羽鳥アナ/(C)日刊ゲンダイ

 前大阪市長の橋下徹氏(48)と元日テレの羽鳥慎一アナ(46)がMCを務めるテレビ朝日系の政治バラエティー「橋下×羽鳥の番組」が、今年9月いっぱいで終了することが分かった。10月クールの改編に伴うもので、後継番組のMCには、極楽とんぼの加藤浩次(48)らの名前が挙がっているという。

 橋下氏の所属事務所では「9月でレギュラー番組が終了するのは事実です。視聴率的に落第点を取っているわけではなく、あくまで改編に伴うもの。羽鳥さんとの“相性”はよく、さらなる高みを目指して、来年4月クールにも新たな番組を作る話も出ています。決して政治的なものが絡んだり、解散総選挙をにらんだ動きではありません」と説明した。

 同番組をめぐっては、開始当初から、日本維新の会で事実上のトップである橋下氏がMCを務めることに、“政治的公平”に反しているという声が上がっていた。そのため、橋下氏は日本維新の会の「政策顧問」を今年5月いっぱいで辞任。このまま番組は続くとみられていたが、わずか1年半で終了となってしまった。

「橋下人気に期待して、番組は鳴り物入りで始まったのですが、思ったより視聴率が伸びなかったんです。しかも、橋下さんのギャラがかなり高く、番組の作りもゴールデンのようで、とにかくカネがかかった。そのため、最後はスポンサーとの折り合いがつかなかったようです。橋下さんの“賞味期限”は切れている――という声も漏れています」(テレ朝関係者)

 ウワサされた安倍改造内閣での入閣もなかった橋下氏だが、今後はどうするつもりなのか。

「橋下氏の1回の講演料は200万円といわれている。テレビなんて出なくても、講演料だけで楽勝にやっていけるでしょう」(政界関係者)

 食い扶持には困らないようだ。

関連記事(外部サイト)