不倫願望の世代を味方に 斉藤由貴“無作為”会見の作戦勝ち

不倫願望の世代を味方に 斉藤由貴“無作為”会見の作戦勝ち

すべて計算ずくだったりして…(C)日刊ゲンダイ

 斉藤由貴(50)の50代開業医との不倫騒動が尾を引いている。

 話題の中心は疑惑を否定した先週3日の会見だ。医師でタレントの西川史子(46)が「言い訳を医者の仕事にしたっていうのが、すごく小ざかしい」と斬れば、和田アキ子(67)も「何言ってるか全然分からへんかった」とし、テレビでは批判コメントが続くが、そんな声とは対照的に「色っぽいし、まあいいんじゃないか」といった理解を示すコメントがネット上だけでなく、斉藤が出演したラジオ番組にも数多く寄せられているというのだ。

 同じ不倫でも、世間の怒りを買いまくっている今井絵理子参院議員(33)や渡辺謙(57)らとは、ぜんぜん違った反響なのである。CM出演中のKDDIなど2社も静観しているし、「むしろ女優としての価値を高めた」という評価まで。

 この違いはどこにあるのか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「所属事務所が会見時間を15分と短く設定して、あまり長い時間しゃべらせないようにしたのが奏功した部分はあるように思います。質問に限りがあるため、ひとり一問となり、斉藤さんはゆっくりと自分の言葉でしゃべることができましたし、コメントの途中で鋭い突っ込みを浴びることもなかった。終始、斉藤さんのペースだったと思います。説明が曖昧だったり、苦しい部分もありましたけど、それほど悪い印象を残さなかったのは、心情的には本当のことをしゃべったからではないでしょうか。問題の『恋人つなぎ』については記憶がないとしつつも『優しくされて、一瞬甘えたくなった』と言い、『好意があるから、ふわっとなった』と。嘘はついていないようにみえます。ご主人に対するコメントでも『当然責められてしかるべき』と自身の行状を認めていました。会見は結局、約24分になりましたが、その時間の延びた分といい、作為的な部分を感じさせなかったところが良い印象につながりました」

 さらに50歳という斉藤由貴の年齢も影響していると、城下氏はこう深読みする。

「子育てや仕事で公私ともに大忙しだった40代が過ぎると、また自分の時間を取れるようになっていきます。趣味や勉強と同じくらい、ひとりの男、女に戻って、恋への願望も思い出す。そのなかで、次が最後の恋になるかも知れないという感覚は少なくない方が持ってらっしゃるように思います。まあ、そうは言っても、現実にそう機会が訪れるわけじゃない。そんな秘めたる願望をかなえたとまでは言いませんけれど、50代を迎えても若く、美しい斉藤由貴さんの姿と今回の騒動がそうした世代の胸をざわつかせているという部分はあるかもしれません」

 不倫疑惑の釈明会見でありのままの自分をさらすことで中高年の共感を勝ち取り、評価を上げた女優なんて前代未聞。しかし、あのボサボサの髪形やゆるふわの衣装まで実は全部、計算ずくだとしたら……魔性、恐るべし。

関連記事(外部サイト)