グラドル美人局事件 背景に“薄給”と“バックで蠢く輩たち”

グラドル美人局事件 背景に“薄給”と“バックで蠢く輩たち”

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 テレビドラマや映画に出演して、写真集も数冊出している現役グラビアアイドルが売春し、美人局にも手を染めている――。

「証拠SEX動画」と共に、そんな芸能界の闇ビジネスを報じた写真誌フライデー最新号のスクープが波紋を広げている。

 動画の衝撃は、Gカップの巨乳を揺らし激しく絡み合うグラドルの痴態だけじゃない。自ら隠し撮りカメラを仕掛け、相手の男が部屋に到着する前に携帯で「ねえねえ、電気つけたままにする?」などと何者かに指示を仰ぐ場面までもがバッチリ映っているのである。

 同誌によると、電話の相手は芸能プロ社長。

 部屋に招き入れた男はIT企業経営の青年実業家で、グラドルは約3年前、この芸能プロ社長の指示で青年実業家相手に30万円で売春。その後、社長は実業家の会社に乗り込み「(グラドルと)セックスしたんだよなあ」と他の従業員に聞こえるような大声を上げ、実業家は「(社長から)仕事の話を持ちかけられ、合計1000万以上支払いました」と取材に答えている。

 グラドルは当時、仕事の悩みを親身に聞いてくれる芸能プロ社長に心酔。必ずしも金銭目的ではなく、本人には美人局の意識もなかったのかも知れない。だが、これは紛れもない犯罪。かつては有名スポーツ選手との交際も取り沙汰された美女だけに逮捕された場合の衝撃は計り知れない。

 グラドルがこうした犯罪に加担する背景には、枕営業を暴露され、芸能界からAV女優に転じた元グラドル高崎聖子がグラドル時代の月収14万円と明かしているように、食うに食えない当世グラドル事情が背景にある。芸能プロデューサーで、自らも事務所を経営する野島茂朗氏が言う。

「グラビア雑誌、DVDの実売数は10年前の10分の1程度にまで落ち込んでいますし、グラビアアイドルだけで食べていくのは本当に大変な時代なんです。業界の売り上げが激減するなか、少ない仕事の争奪戦は激しくなるばかりですから、仕事にあぶれ、水商売やデートクラブ、風俗などを副業にしているグラドルの数は必然的に増えてしまう。そこで落とし穴に落ちたり、危ない橋を渡ることにもなるのです。たとえばファンとの撮影会でお客さんをつなぎとめるためにデート商法まがいのことをしたり、動画撮影に応じたり。当日払いのモデルの仕事と言われ、事務所に内緒でこれを受けた結果、山奥に連れていかれて好き放題されたといった悲劇は数え切れません。最近は水商売公認の事務所もありますが、やはり大半が禁止ですし、ネットに暴露されたりしますので、比較的バレにくいデートクラブに流れる傾向にあるようです」

 業界ではこんな噂もある。

「テレビにも出演していたグラビアカメラマンが女衒のようなことをはじめ、水着や裸の女の画像ファイルを持ち歩いたりしている。グラドルには、“パパ活”や愛人紹介などと言って紹介料を搾取するのでしょう」(放送関係者)

 社会問題になっているブラック企業と同様、給料も保障もないに等しい労働環境で働く女性タレントたち。

 いつかは日のあたるステージを夢見ている彼女たちに付け込んで食い物にしている輩がいる限り、この手の犯罪はなくならない。

関連記事(外部サイト)