国民的美少女GP井本彩花さん 25歳まで“男断ち”の覚悟

国民的美少女GP井本彩花さん 25歳まで“男断ち”の覚悟

これからの活躍が期待される(右は上戸彩)/(C)日刊ゲンダイ

 女優の米倉涼子(42)、上戸彩(31)、武井咲(23)などを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会が8日、3年ぶりに都内で開催。応募総数8万150通の中から京都府出身の中学2年生、井本彩花さん(13)が栄えあるグランプリに輝いた。

 特技は7年間続けているクラシックバレエという井本さん。授賞後にアイドル評論家で作家の中森明夫氏のインタビューにこう答えた。

「東京は高い建物が多くて緊張しました。将来は特技のバレエを生かして武井咲さんのような女優になりたいです。賞金の300万円はお母さんにあげます。25歳まで恋愛禁止でもぜんぜん大丈夫。その覚悟はあります」

 かつて同コンテストの審査員を務め、上戸彩を見いだした中森氏はこう話す。

「とにかく物おじしないところに驚きました。自分よりも大人と接する機会が圧倒的に多い芸能界でこれは大事なこと。伸びしろも含めて楽しみな逸材が現れました」

 03年10月生まれの13歳。可能性の塊に期待だ。


関連記事(外部サイト)