重圧は? スパイダーマン最新作ジョン・ワッツ監督に聞く

重圧は? スパイダーマン最新作ジョン・ワッツ監督に聞く

ジョン・ワッツ監督(C)日刊ゲンダイ

 公開前から下馬評の高いスパイダーマンの新シリーズ「スパイダーマン:ホームカミング」が11日、封切りとなった。メガホンを取ったのは、日本ではまだまだ無名のジョン・ワッツ監督(36)。監督作は今回が3本目、過去2作品はいずれも低予算映画だ。

 ――ずばり、重圧は感じなかったのか。

「そりゃあもう、物凄いプレッシャーだったよ。『スパイダーマン』はこれまでとは比べ物にならないぐらいスケールの大きな作品だからね。でも考え始めたら押し潰されてニッチもサッチもいかなくなっちゃう。やると決めた時から自分が観客として楽しめるような、最高に面白い作品を作ることだけに専念したんだ」

 ――蚊も殺さないような温厚な顔立ちだが、肝っ玉は据わってる。

「ハッハッハッ。どうだろう、そうなのかな」

 ――とはいえ、往年のファンは多くが熱狂的で、これまでの世界観を壊すようなら「NO」を突きつけられかねない。

「往年の原作ファンにも満足してもらえるよう最大限の敬意を払った。具体的にはスパイダーマンの神髄を忠実に守ること。そもそも主人公のピーター・パーカーはごく普通の高校生で、思春期特有のつまずきと格闘する日々を送っている中、突如、スーパーヒーローの使命を授かった。相反する“ふたりの自分”を両立させることのもどかしさを見る人に共感してもらい、痛快に感じてもらうことは大事にしたね。ただし、過去の作品と同じことを繰り返すばかりでは意味がない。新鮮なものを届けようと手を加えることこそが僕の使命だと思った」

 ――監督と主人公はともに大抜擢されたわけですね。

「そうなんだよ! 突然、大きなチャンスをもらって自分の力を証明してみせると張り切って鼓舞するんだけど、ヘマしたら次はないだろうなってビビったりしてたよ(苦笑い)」

 全世界興行収入はすでに525億円を突破し、文句なしの大ヒット作を生み出した。すでに続編の起用も発表されている。ビビる自分を受け入れ、やり遂げたジョン監督は、すっかりメジャーの仲間入りだ。

関連記事(外部サイト)