“銭ゲバ”の悪評から一転…紗栄子が日本のボランティアを変える?

“銭ゲバ”の悪評から一転…紗栄子が日本のボランティアを変える?

紗栄子(C)日刊ゲンダイ

タレントの紗栄子(32)の評価がうなぎ上りのようだ。

 かつては「銭ゲバ」なんて揶揄されることもあったし、女性誌が昨年行った「女が嫌いなママタレランキング」で2位に選ばれるなど、この手のランキングでは常連となっている印象が強い“嫌われやすい女子”に何が起きているのか。

「紗栄子さんはこれまでも国内で災害が起きた際、先頭に立って被災地に支援物資を送ったり、積極的にボランティア活動を行ってきました。9日の台風15号で大きな被害を受けた千葉県のことも、台風が去った直後から現地の様子を気にかけており、自身のインスタグラムで『千葉のみなさん、現状を教えてください』などと呼びかけていました。その呼びかけに応えるようにコメントが続々と集まり、被災地の状況、いま足りないもの、欲しいものなどが明るみになったんです」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

 実は紗栄子、この少し前には大雨による冠水被害に見舞われた佐賀県にボランティアに訪れている。九州から東京に戻ってきてすぐに、千葉のボランティアをスタートさせたというわけだ。この行動力に、ネット上は〈紗栄子ちゃん、素敵すぎる〉〈強くて可愛くて行動力がある。こんな大人になりたい〉〈なかなかできることじゃない。頭が下がります〉などと絶賛の嵐なのだ。

「紗栄子は現地とコンタクトを取り、必要な物資が何か、その詳細を順次インスタにアップ。非常に分かりやすく具体的で、いい意味でボランティアに慣れている人の書き方だと分かるものでした。インスタを見た多くの人が救援物資を指定場所に持ち込み、4トントラックで計15台以上の物資を千葉に届けている。紗栄子は受付に立ったり、被災地に同行したりと大忙しだったようです」(芸能プロ関係者)

 海外では、有名人が率先して被災地でボランティア活動するのが当たり前。悲しいかな、日本ではまだまだ芸能人のボランティアに対して〈偽善〉とか〈売名〉などと心ない言葉をぶつける人が多い。

「それも現実ですが、そうやってバッシングするのはむしろ大人で、若者はもっと素直に〈ここ数年の紗栄子の行動は素晴らしい〉と受け入れています。偽善だろうが売名だろうが、紗栄子さん自身、自分が何をしてもバッシングの対象にされやすいことは分かっているでしょうし、それをまったく恐れないという強い意思が感じられますね」(エリザベス松本氏)

 行動しているのは紗栄子だけではなく、女優の石田ひかり(47)も車に救援物資を積み込み、個人で被災地入りし、現状をインスタグラムで伝えている。また、石田は〈(紗栄子と)お会いしたことはありませんが〉と前置きした上で、紗栄子のボランティア関連の投稿を〈分かりやすい〉としてシェアもしている。

 たとえ偽善だったとしても、言うだけ番長で何も行動しないヤツよりは立派だろう。紗栄子が日本のボランティアを変える日は近いのかもしれない。

関連記事(外部サイト)