山田孝之「全裸監督」村西とおるも舌を巻く“豪快な私生活”

山田孝之「全裸監督」村西とおるも舌を巻く“豪快な私生活”

大きなリュックがトレードマーク…?(C)日刊ゲンダイ

8月に配信がスタートしたNetflixドラマ「全裸監督」を見て、山田孝之(35)の演技に驚いた視聴者も多いはず。

 AV界の帝王・村西とおる(71)の半生を描いたドラマだが、山田、上半身裸の白いブリーフ一丁の姿で大きなビデオカメラを肩に担いで、「ナイスですね〜」などの村西語録を連発。村西が発案とされる「駅弁ファック」も全力で披露した。

「『全裸監督』の出演で、地上波のドラマやCMの仕事が減るリスクを案じた村西に対し、山田が『僕は役者であってCMタレントじゃない。これで仕事が来なくなっても一向に構いません』と語っています。山田の視野はすでにテレビの外。ネットでつながる世界を見据えているということでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 そんな山田は、プライベートも豪快なことで知られている。昨年5月に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、山田は飲み屋でたまたま隣に座った人と仲良くなったり、スナックで知り合った男性と一緒にドライブしたと明かした。芸能人であるという意識が希薄なのだろう。

 9月13日発売のフライデーではプライベートも報じられた。9月上旬、Tシャツにリュック姿の山田は、まるで近所の居酒屋に寄るように、客単価2万5000円のミシュラン1つ星割烹料理店に1人で入っていき、3時間半後に出てきたときには、巻き髪&バッチリメークの美女3人を伴っていたという。“お持ち帰り”かと思いきや、淡々とした表情で「じゃあね」と手を振って美女たちと別れてしまったという。その後、1人でコンビニに入りミニボトルの白ワインを2本購入してタクシーに乗り込んだそうだ。

「単純にその日は、あとはひとりで飲みたかったってことでしょう。気分が乗ったら2軒、3軒のハシゴ。そのまま彼女たちの自宅へ、なんてことも彼だったら普通にあります。別に浮気とかそういう下心ではなく、彼はとにかく人懐こい性格なんです。もしかしたら、その美女たちとも店でたまたま居合わせただけかもしれません」(ドラマ制作スタッフ)

 山田には妻子がいる。2012年に7歳年上の一般女性と結婚し、翌年には息子を授かった。

「彼は都内にいくつもの専用の仕事場を持ち、その数カ所を移動しながら生活しているため、どれが自宅なのかわからない。妻子がいるのに生活感がないのです。フライデーが報じた“合コン”にしても、仕事なのかプライベートかわからない。常に大きなリュックを背負っているのですが、その日の気分で夜を過ごす場所を変えるためかもしれません」(週刊誌記者)

 そのスケールの大きさ故に、山田の行動を理解できない人もいそうだ。「全裸監督」の続編も待ち遠しいが、次はいったい何をやってくれるのか。今、一番ワクワクさせてくれる俳優であることは間違いない。

関連記事(外部サイト)