新作映画で観客悩殺の水原希子 交際順調で結婚モードも急加速

水原希子が映画『奥田民生になりたいボーイ』で好演 野村周平と結婚モードも急加速か

記事まとめ

  • 水原希子は映画『奥田民生になりたいボーイ』では、妻夫木聡や新井浩文と共演している
  • 水原には、CM公式ツイッターに差別的コメントが書き込まれる騒動があった
  • 野村周平と交際報道のある水原には、いつゴールインしてもおかしくないとの見方もある

新作映画で観客悩殺の水原希子 交際順調で結婚モードも急加速

新作映画で観客悩殺の水原希子 交際順調で結婚モードも急加速

野村周平(左)とは家族公認の仲(C)日刊ゲンダイ

 女優・水原希子(26)の“色気”が凄まじい勢いで加速している。公開中の映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(東宝系)では、周囲の男を惑わす小悪魔的ヒロインを好演。監督の大根仁氏が「『モテキ』の長澤まさみよりエロく撮る」と豪語したのもさもありなん。妻夫木聡(36)や新井浩文(38)を相手にキスシーンを幾度となく披露し、観客を悩殺しまくっているのだ。

 映画評論家の秋本鉄次氏は、劇中の水原についてこう評価する。

「北川景子のような超絶美人ではないものの、ファニーフェースで魅力的。男女ともにコケティッシュな女性を好む人は一定層はいる。客観的に見て長澤とはいい勝負だと思います」

 私生活も充実しており、俳優の野村周平(23)とヨロシクやっているのは知られた話である。2人の交際が発覚したのは、およそ2年前の15年11月。一時は破局説も囁かれたが、先月には目黒の居酒屋でデートの最中に一部週刊誌の直撃を受け、交際を認めたばかり。こんな話も聞こえてくる。

「2人は“家族公認”の仲で、希子の妹でモデルの水原佑果とその彼氏と4人一緒にダブルデートを楽しんだりしています。周平クンも希子チャンも仕事が忙しいけれど、時間を見つけてはちょくちょく会っている。彼の愛車で個性的な配色のピックアップトラックの助手席に座って待つ希子チャンや、仲良く肩を並べて自宅付近のナチュラルローソンで買い物する様子からは、いつゴールインしてもおかしくない感じですね」(事情通)

 つい最近、水原が出演するCMの公式ツイッターに、米国人の父親と、韓国人で米国籍の母親の間に生まれた彼女の出自を問題視するような差別的なコメントが書き込まれる事態が起こった。これに対して野村は明言はしていないものの、16日付の自身のツイッターで〈外国人だから日本名使ったらだめっていうのは意味がわからないね。〉と投稿し男を上げた。

 絶好調の水原はエロだけでなく、結婚モードも急加速のようだ。

関連記事(外部サイト)